☺日本史の勉強法☺ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2017年 8月 16日 ☺日本史の勉強法☺

 

8月も折り返しましたね…
夏休み中にやるべきこと、しっかりやれていますでしょうか?

 

今日は私が去年受験期にやっていた

日本史の勉強の仕方をお伝えします!

大学受験で出る日本史の範囲は

ただ暗記して頭の中に詰め込むだけじゃ絶対無理なので

まず『金谷ノート』を暗記して流れを覚えました!

 

金谷ノートとは、東進の映像授業で日本史を教えてくださっている

『金谷俊一郎先生』が授業内で使用するノートのことです!

流れを確実におさえて、試験に必要な知識を入れることが出来るので

これさえ覚えれば、全範囲の流れを完璧に覚えることができます!

わたしまじでこのノート愛用してました!!金谷先生に感謝です!!!

 

金谷ノートで流れを覚えたら

次に『一問一答』で細かい知識を入れていきます。

ここでただの暗記作業をするのではなく、

流れに沿って覚えていくようにします。

金谷ノートで覚えた流れの中に

細かい知識も入れてしまうイメージです!

この出来事があったから、次にこれが起きて…といったかんじです。

 

私は流れも知識もまとめて覚えたかったので、

一問一答で新たに得た単語や出来ごとを

金谷ノートに直接書き込んでいました!

 

 

流れも知識もある程度まで覚えたら

センター大問別演習でひたすら演習です!アウトプットです!

入れた知識がちゃんと頭に入っているのかを知るには

アウトプットするのが1番いいです!

それでも解けなかった部分は

また金谷ノートと一問一答の繰り返しです。

 

知識を入れて、演習で確認する

ってサイクルで私は日本史を勉強していました!

暗記がめちゃくちゃ苦手だったので

金谷ノートでどうしても流れが覚えられない部分は

『「なぜ」と「流れ」がわかる本』という金谷先生が出版している本があるのですが

これを読んで覚えていました!

読みやすくて、流れを楽しく覚えることが出来るので

覚えるのが苦手だという人は

ぜひこれも使ってみてください!おすすめです☺

 

8月ももう半分ですよ!!!!!

受験生の皆さんは悔いのないように、

残り少ない夏休み有意義に過ごしていきましょう☺