この時期って何すんの? | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 5日 この時期って何すんの?

こんにちは~

大学生もついに夏休みが終わり、

僕にとっては学生最後の学期が始まりました。

 

受験生の皆さんにとっては

高校生活最後の学期と言うことになりますが、

充実させることは出来ているでしょうか?

 

 

さて、この時期受験生が陥りがち(つい昨日も聞かれた)なのが

過去問をどれくらいやればいいか

過去問以外は何をすればいいか

のような類の悩みだと思います。

 

 

今までは

「やらなければいけないこと」

が山のようにあり、

それ自体をやった方がいいかを吟味しきれずに

とにかくがむしゃらにやってきた人が多いと思います。

 

中にはしっかりと吟味しつつ

やってきている人もいたかもしれませんが

ここからはさらに自由度が増し、いよいよ

「なにをやればいいか」

から考えていかなければいけない時期です

 

 

ここで悩んでしまう人は

「何をやればいいか」

を考える際に

なぜそれをやるか」

が見つかっていない人が多い気がします。

 

例えば

「過去問を何年分やればいいか?」

という悩みを抱えている人は

「何をやればいいか」

は見つかっているものの、

なぜそれをやるか」

が「やった方がよさそうだから」とか

「周りがやり始めたから」とか

 

自分自身で納得するところまで

落としこめていない

ように感じます。

 

 

冷静に考えて下さい。

 

 

過去問を解く理由

「本番で合格点を突破するため」

ですよね?

これがミッションなのであれば

過去問における目標

「合格点を突破できるという自信を付けること」

だと思います。

 

つまり、

何年分解くべきか

という質問に対する答えは

「本番点数が取れるという自信がつくまで」

です。

 

もちろん目安や過去の先輩のデータはありますが、

受験をするのはあなた自身です。

 

あなた自身が納得している状態、

自信がある状態をキープし続け

本番に挑むのが一番重要だと思いません?

 

 

我々担任助手はアドバイスしたがりな集団です。

ただ、答えを出してあげることは基本的にしません。

一緒に考えてあなたが答えを出すことにこそ意味があると思うからです。

是非一緒に悩んでいきましょう。