マイフェイバリット授業 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 4日 マイフェイバリット授業

こんにちは~!

ああ、さむい。

最近は本当に冷え込んできましたね。

でも、寒い時ほど音楽が染みるので良いですね。

昨日の予告では1年の堤が今日のブログ担当だったのですが

急きょ太田に変更になりました!

 

 

さて、今日お話しさせてもらうのは

立教大学文学部に通う私が1番すきな授業

についてです!

 

 

立教大学文学部英米文学専修2年

今のところ、全学期フル単です☺

(フル単=履修した単位を全て修得すること)

 

春、秋学期で42単位まで取れるのが文学部2年なのですが、

42単位はだいたい21授業に匹敵します。

 

1学期あたり、9~10の授業があります。

その中で、必修授業が2つ、自由履修が8つくらいです、

 

文学部の必修授業は、

1つが英米文学の小説や詩を読んでディスカッションするもの

もう1つが、そのネイティヴの教授バージョンです。

 

自由履修は、文学部の専門知識だったり、他学部の授業を履修出来ます!

 

私の1番のお気に入りは、

必修授業のネイティヴの教授の授業です!

 

この授業では、18世紀から近代の英米文学について

アメリカ人のネイティヴの教授が英語で授業をしてくれます!

板書も英語、口頭も英語です。

 

耳からも目からも英語での授業は、とても刺激的です!

英語ができるようになるというのもありますが、

文学をその言語で学ぶことには大きな意味があります。

 

その言語でしか理解できないニュアンスなどがあるので

それが分かった時がとても楽しいです!

 

また、ネイティヴの教授と授業の初めと終わりに話しかけに行って

スピーキングの練習にもしています(*^_^*)

 

英語に強い立教ならではですね!!

明日は、北里大学の栗原さんが好きな授業について

フレッシュに!語ってくれます(^_^)

おたのしみに~~~!

では

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事