受験生!! | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 9日 受験生!!

先日、成人式を迎えましたが

まだまだ19歳の河村がブログを書きます

(成人としての自覚はあります)

 

 

早いものでもうセンター試験の週に入りました

私が試験を受けたのは2016年なので、もう2年も経ったんですね。。。

でも本番前の事は今でも思い出せます。

 

私の場合は、12月の模試で成績が下がり焦っていた反面

個人的に過去問を解いた限りは点数は上がっていたので

どうなんだろううう、思っていました。

本番点数が上がってくれるか不安はありましたが

「やばいやばい」と焦ってはいませんでした。

かといって、特別自信があったわけでもありません。

 

東進の周りの人達を見ていると

不安そうな子もいたし、自信ありげにしている子もいました。

周りから見る私はどんな様子だったかは分かりませんが

当時私に気持ちというものはあったのかな?というくらい

何も考えていませんでした

 

変に自信を持って余裕をぶっこいていてもダメだし

焦って不安になって勉強が手につかなくなってもダメだと自分で分かっていました。

だから試験に関して考えるのをやめました。

ひたすら自分にやることを課して、ずっと音読室に籠っていました。

そうやって考える時間を無くしました

 

ただ1つ、思っていたことは

「やってやる!」ということだけです。

私が思うに、試験の日に急にアインシュタインみたいに天才になるとか

周りのみんなが急に頭良くなることとか絶対にないですよね(笑)

だから、試験の日に私に出来ることは、

今まで勉強して得たものを目の前にある紙に書いていくだけ

試験までに出来ることは、知識を出来るだけ増やすだけだと思っていました。

そのために何も考えずに勉強していました。

 

私の話はもうこの辺にして、、、

受験生のみんなに伝えたいのは

今この瞬間に不安になっていたり、焦っている人はあなただけじゃない

ということです。

いくら自信がありそうな人でも、心のどこかには不安はあると思います。

そういった気持ちの面や、この試験の結果で人生が変わる、という状況はみんな同じです。

その中で、焦りで勉強が手につかない状態にするか

自信の持ちすぎで勉強をもうやらないか

とりあえず知識をいれようと勉強をやり続けるか

何をするかはあなた次第です。

それは試験の前日まで覚えていて欲しいです。

 

試験の日には!!

もう自信を持って、胸を張って、解いてきてください!

持っているものをぶつけるだけです。

緊張する必要はありません。不安に思う必要もありません

得意な科目は最高得点を出すつもりで

苦手な科目は、出来る所は落とさない!という心意気で

頑張ってくださいね!!

 

 

高校1、2年生のみなさん。

電車でも学校でも集中する姿をみているのでしょうか!?

私も高校2年生の時、センター試験前日のセンター出陣式で先輩が担任助手に送り出される姿を見て

一年後、この瞬間に後悔しないよう、全力で頑張ろう!!と心に誓いました。

みなさんも同日模試を受けて、覚悟を決めてはどうでしょうか。

決心をするのは大変なことですが、とても大事だしかっこいいことです!

ぜひ、周りのみんなより一歩先に行くために、受けてみましょう。

 

 

明日のブログは、矢野さんです!!