記述模試の復習法について | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 31日 記述模試の復習法について

 

 

こんにちは!

鹿島です。

今日は

記述模試の復習法について

話していきます。

 

皆さんは

まず模試が終わったら

何をしますか?

自分が

得意な科目や出来た科目を見て

一喜一憂して

模試の日は終わり

そして次の日になっても

あまり復習せずに

終わってしまう

という人が

大半だと思います。

それでは

得意科目は伸び

苦手科目はずっと

点が取れないままで

受験を失敗してしまいます。

いくら得意科目で

点が取れても

苦手科目が

足を引っ張れば

受験は受かりません。

なので

苦手科目を復習して

点数にして行くことが大事です。

 

模試当日の終わった後は

疲れていると思うので

合っているかどうか

モヤモヤするところだけ

解答を確認すればよいです。

大事なのは

模試の次の日です。

 

模試の復習は

受講や問題集での

一日のやることが多いと

先延ばされやすいです。

でも

模試の復習を

一番最初にやってください!

そして

嫌いな科目や苦手科目

からやってください!

科目ごとの復習法は

4月末から5月初めにかけて

ブログで紹介したので

是非参考にしてみてください!

 

今回は記述模試ならではの

復習法について少し話します。

英語や数学の記述解答で

自分があっていると思っていても

記述解答が満点じゃないとき

結構あると思います。

この間違いは自分では

なかなか直せません。

 

なので

答えがあっていたとしても

しっかり途中点が

取れているか

答案が返ってきた後

確認してください!

この途中点のミスは

意識すれば

直せることも多いので

まず自分のミスに

気付くことから始めましょう!

模試お疲れ様でした!

 

では!

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!