なぜ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2016年 9月 20日 なぜ

 

 

どうも

このブログって毎回書くテーマと人とかが振り分けられてるんですけど

今日のテーマは

 

「じゆうです」

 

だそうです

今日は自由に書きます。笑

 

 

 

急に自由に書いて良いと言われても困りますよね笑

なので最近思ってることについて書こうと思います。

 

突然なんですけど、

皆さん何で勉強しているとおもいますか?

まあ英語は将来必要だしなって思う人も多いと思うんですけど

じゃあ他の国語、数学、理科、社会は?

 

「微分積分なんて将来じゃ使わねーじゃん」

 

とか

 

「歴史なんて社会出て知ってても使う時なくね?」

 

良く聞きますよね。

それはたしかに僕もそうだと思います。

(研究職とかの人は使う人もいますけどね)

 

じゃあなんのために勉強しているのか

 

大学受験の為ですか?

 

ではなぜ大学は英語、国語、数学、理科、社会を試験内容にしているのか

考えたことありますか?

 

やっぱり大学受験のためと思って勉強している人と

本当に勉強する意味を考えて勉強している人では

勉強のやる気や効率等かなり差が出てきます。

 

しかも大学生になってからそれらを勉強しようと思っても

とても不可能に近いんですね―笑

 

高校生の時よりも出来ることが増えた分

やらなければいけないこともめちゃめちゃ増えていて

もう一度数学や国語を勉強する時間なんて無いんです

 

そして何より高校生の時は余裕だったんですけど大学生になってから

3時間机に向かうだけでも地獄です笑

まあ個人差はあると思いますが大学生になって気付いた時に取り戻そうと思っても遅いので

高校生の皆さんに伝えておきます。

 

正直僕も高校生の時は大学受験のために勉強していたかもしれません

 

やっぱり高校生のうちには何のために勉強しているかなんてわっかんないんですよねー

 

僕だって今大学生で担任助手という形でほんの少しだけ社会に出たことでうっすら感じることが出来ている程度ですから

 

そんな高校生の皆さんはこういう人たちの話をなんとなく聞いて

「あーーーね」

って思ってくれれば良いなって思ってます

 

じゃあ結局みんな何のために勉強しているのか

 

まあめちゃめちゃ当たり前のことなんですけど僕は最近気付いて

 

「あー数学ちゃんとやってたからここで周りと差をつけられるんだ」って思ったことです。

 

じゃあ例えば

 

あなたが野球選手だったとします

 

上手くなるためには何をしますか?

 

まあ素振りとか、筋トレとか、ノックとか

 

(僕はサッカー部だったので野球の練習はそこまで詳しくないので適当です笑)

 

まあ上手くなるためにはこういうことをするってことに異論がある人はあんまりいないと思います。

 

でも野球選手のあなたは

試合で活躍するために練習してるんですよね?

 

試合中に素振りとか筋トレとかノックとかはやらないですよね?

 

そりゃそうだと思う人が大半だと思います。

 

でもその素振りとか筋トレとかノックとかで得た力とかスキルを試合中に使うんだろって思って

 

何言ってんだこいつって思った人も多いと思います。笑

 

だからこそ野球選手は毎日練習試合をするんじゃなくて

 

毎日基本的な練習をして

 

それを試合で活かしていくんですよね。

 

それがなんなんだよって

思った人も多いと思うので

 

本題に戻りましょう

 

なぜ大学は英語、国語、数学、理科、社会を試験内容にし、

みんなはそれを勉強しているのか

 

ここまでくれば勘のいい人はもう

「あーーーね」

って思ってるかもしれないんですが

 

勉強っていうのも

素振りや、筋トレや、ノックと同じなんですね

 

僕は数学や理系科目を勉強していたから

 

正直プログラミング言語はすぐ習得出来ました。

 

論理的に物事を考える力も周りと比べてかなり高いと思います。

 

それはとりあえず今担任助手という仕事をしている上では

 

とても大きなアドバンテージとなっています。

 

ただのブログが長くなりすぎそうなので他にもいろいろありますがとりあえず例はこれくらいにしておきます

 

逆に僕は私立大学志望で文系科目をほとんどやっていなかったので

 

漢字はまじで書けません笑

 

日本の都道府県も全部言えませんし正直どこに何があるのかも良く分かってません

 

それは例えば将来就職して会社に入った時

 

会議の進行や書記をした時に板書をひらがなで書くことになります。

 

上司や取引先の人と地方に出張に行く時に見当違いなことを言ってしまい信用を失うことにもなりかねません。

 

多分僕の例はそこまでうまくないのでもっと自分でも考えてみて下さい。

 

まあここまで言ったら分かりますね

勉強とは野球の練習と同じです。

 

将来や試合中に直接同じことをやるわけではないけれど

それで鍛えた力やスキルを使う

 

そのために勉強しているわけです。

 

なのに皆さんは勉強のこととなると

「将来微分積分使う機会なくね?」

ってなっちゃうわけです。

 

なぜでしょうね―

 

それは皆さんが勉強をあまりやりたくないから

ただただ言い訳しているんだと僕は思います。

 

でも

嫌だからやらない

とか

 

やる気が出ないからやらない

とか

 

社会にでたらそんなこと言ってられません

 

でも実際に社会にはそういう人が多くなっちゃってるんですけどね

 

むしろどれだけやりたくないこともしっかり出来るかが

本当にやりたいことを出来る一番の近道だと僕は思っています。

 

まあ今は大学受験のための勉強でいっぱいいっぱいだって人も多いと思いますが

まだ少し受験には余裕があるよーっていう高校12年生や中学生のみなさんには

 

是非何のために勉強してるのかな―って所を良く考えて

勉強して欲しいです

 

ではながくなりましたが

自由に書きました。

 

 

おわり