一日の使い方 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 17日 一日の使い方

こんにちは!

2年の秋田です。

 

10月も後半戦に差し替かり、

いよいよ高3生にとっては

緊張感の高まる時期に

なってきましたね。

 

改めて、

ゴールから逆算して

何を

どのくらい

いつまでに

学習を終えるのか

今一度見直し、

計画的に学習を進めましょう!

 

当たり前の事ですが、大事な事です。

 

 

さて、今回は

1日の使い方

についてのお話を

していきたいと思います。

 

皆さんは、

ルーティン

という言葉をご存知でしょうか。

 

毎日の決まり切った日課や作業

の事を言います。

 

自分の受験生時代は

特にこれを意識していました。

 

毎朝5時に起きる。

6時まで英語の長文1本を音読する。

朝ごはんを食べて支度をし、登校。

登校時間は暗記系を勉強する。

下校後、時までに東進に着く。

過去問を科目とく。

15分昼寝をする。

各科目のやるべき事を終わらせる。

10時までに家に帰り、

11時に寝る。

 

自分は、このように

毎日毎日欠かさず

この時間にこれをする

ということを決めて

同じリズムを

繰り返し実行していました。

 

何故ルーティンに

こだわっていたかというと

本番への意識

を大事にしていたからです。

 

たとえ明日が本番でも

最高のコンディションで

自分の実力を出し切れるような

下準備を毎日行っていました。

 

もちろん、

学力を伸ばして

合格率をupさせることも大事ですが

自分は

その学力を本番で発揮できること

に重きを置いていました。

 

生活リズムを整えることは、

簡単そうに見えて

実は中々難しいです。

 

自分も

ルーティンを確立させるのに

3.4ヶ月はかかりました。

 

皆さんも、

本番で後悔をしないこと

その為に大事なことは何か

考えてみて下さい。

 

実力を持っているだけでは

第一志望合格は難しいはずです。

 

実力を発揮する為の努力も

自分は必要だと考えます。

 

本番で後悔しない為に

何をすべきか

今一度

考えてみてはいかがでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!