一日の計画の立て方 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 28日 一日の計画の立て方

こんにちは!

やっと涼しくなり

過ごしやすくなってきましたね。

 

季節の変わり目ですので

体に気をつけてお過ごしください!

 

さてさて~

今日は「一日の計画の立て方」についてお話します!

 

と、文字で伝えるのは難しいなと思ったので

実際に書いてみました!

じゃん!

(コンテンツ名など、省略しているものがあります。)

 

こちらは向ヶ丘遊園校の生徒が使用している

【学習記録シート】です。

 

これには、

・起床/就寝時間

・今日の目標

・今日やるべきこと

・タイムスケジュール

・学習時間

・今日の反省と明日に向けて

が記載されています。

 

私的なポイントとしては、

”やるべきこと”に優先順位をつけてから

”タイムスケジュール”に落とし込めるようになっている点です。

高校生時代、私は

思いついた順を優先順位と信じて

計画を立てていました。

おいおい…と思いますよね(笑)

 

でも、自分が焦りを感じているということは

より力を入れなければいけないところだ!!

と信じていました。

 

ちょっとわかる…と思う人

いるのではないでしょうか?

 

今回は過去問を中心に、

毎日のルーティーンと苦手シリーズをこなす計画を立てました。

これはほぼ当時のものと同じです。

 

過去問というメインディッシュがありますが、

毎日のルーティーンは、日々の積み重ねで知識化するもの(暗記が多い)。

苦手シリーズは、初見からやアウトプットで発見した苦手を潰したいものです。

 

ルーティーンも苦手シリーズも時間がかかるけど、

他に優先順位高く取り組むべきことがあったので、工夫して取り組んでいました。

 

具体的には、

【毎日のルーティーン】

朝は一日の始まりだし、勉強するぞよっしゃー!という感じで気分が良いので

波に乗れるように、ある程度覚えていて毎日レベルアップを感じることができる

暗記系をルーティーンにして行っていました。これおススメです!

難しい問題を朝にやると、頭が起きていないし、解けないしで気分下がってしまいます(´;ω;`)

 

【苦手シリーズ】

過去問などのアウトプットから出来ない問題や毎回迷う問題を

ピックアップしてひたすら繰り返し解いていました。

他の勉強に比べて比較的、小分けにしやすかったので、

授業中に問題が解き終わった時や先生を待っている時間に

ちゃちゃっと解いて解説まで見るのを繰り返していました!

英文法は苦手過ぎて苦手シリーズノートを作っていましたね。

 

とまぁ、こんな感じで私は高校生時代、

これに似たような計画を自分のノートにまとめていました。

 

小さい手のひらサイズの自分好みのノートを買って

それに毎日計画と達成できたことをメモしていました。

試験日にはお守り代わりに、自分がこんなにやってきたのか~!と

自信を持てるきっかけにもなったのでおススメです!

(どうしても覚えられない単語を書いて毎日見返したりもしてました(笑))

 

今回お話した「一日の計画の立て方」は、

やることが多くなってきた受験生もそうですが、

高校1、2年生は定期テストや模試前、

短期的に計画を立てる練習をしてみるのもよさそうですね!

 

担任助手ひとりひとりが

経験を基に計画の立て方を持っていると思うので

是非、色んな人の意見を参考にして

自分に合った方法を作り出してみて下さいね(*^-^*)

 

 

では!

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!