受験の先輩に聞く!夏休みどうやって勉強してたの?~寺口編~ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 16日 受験の先輩に聞く!夏休みどうやって勉強してたの?~寺口編~

こんにちは!

担任助手2年の寺口です!

 

近頃はとにかく暑いですね!

連日猛暑日が続いています…!

みなさん熱中症には

気をつけてください!

 

さて、今日のテーマは

受験の先輩に聞く!

夏休みどうやって勉強してたの?

~寺口編~

ということで、

連日続くこのシリーズ、

僕にも順番が回ってきました!

 

僕は現在

第一志望校だった

早稲田大学文化構想学部

に通っています。

 

僕は

最終的には

第一志望校に

合格することが

できたわけですが、

僕の受験生活は

決して

順風満帆とは

言えないものでした。

 

高校3年生に

なってからは

長い間

成績の伸びが

思わしくなく、

6月の

センター試験本番レベル模試では

E判定

取ってしまいました。

 

その後しばらくは

焦燥感に駆られ

もやもやした日々を

過ごしていました。

 

そんな中、

7月末に行われた

ホームルームで

「夏は受験の天王山」

「夏を制する者は受験を制する」

と伝えられ、

覚悟を決めました。

 

僕は

家ではあまり

集中できないタイプ

だったので、

とにかく校舎に

へばりつくように居座り、

勉強時間を確保していました。

 

E判定を覆すために、

できる限り

効率良く勉強する

ことを意識し続けた結果、

朝は開館から

夜は閉館まで

校舎にいるのが

当たり前になっていきました。

 

そして校舎に居る間

最も多くの時間を費やしたのが

過去問演習でした。

 

校舎にいる間は

とにかく過去問を

たくさん解き、

膨大な量のアウトプット

重ねていました。

 

また、校舎に来る前や

校舎から帰った後の時間は、

比較的集中力のいらない

高速基礎マスターや

用語の暗記

時間を充てていました。

 

僕は8月に

そのサイクルを

愚直に繰り返し、

夏に

膨大な量の演習

積んだことで、

E判定を覆し

晴れて第一志望校に

合格することが

できました。

 

「夏を制する者は

受験を制する」

これは誇張でもなんでもなく

本当のことだと言い切れます。

僕の経験からも過去のデータからも

間違いないことです。

 

天王山の夏、

いかに

ここで努力できるかが

来年の受験の結果を

大きく左右します。

 

覚悟を持って

この夏の

勉強に

望んでください。

 

みなさん

心から応援しています。

一緒にこの難局を

乗り越えて行きましょう!

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!