受験を通して学んだこと、得たことpart6 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 12月 26日 受験を通して学んだこと、得たことpart6

こんにちは!東進の田中です。

 

今年も残すところあと5日ですね。

今年は大学2年になってから、

ほとんど学校に行けずに終わってしまうことが悲しいです。。

コロナウィルスの感染者数はどんどん増えていますが、

来年は収束して今までの日常に戻れることを願います。

 

本日のテーマは、

受験を通して学んだこと、得たことpart6

です!

 

私も二年前は皆さんと同じ受験生でした。

学んだこととはいろいろありますが、

両立することの大変さと大切さを学びました。

私は小学1年生から野球を始め、高3の夏まで続けました。

高校では硬式野球部に入り、かなり忙しかったです。

当時は野球以外にあまり興味がなく、

正直一つの事を頑張っていれば

いいじゃないかと思っていました。

ですが実際のところは、

勉強だけではなく野球の成績もあまりよくなく

ベンチ入りメンバーに選ばれるのがやっとという感じでした。

そんな時、友人から東進の授業を受けてみないかと誘われ

大学受験に危機感を感じて勉強を始めることにしました。

東進に通い勉強を始めて気づいたのが

自分よりも努力をしている人が沢山いたという事です。

週7日部活に通いながら東進でたくさん勉強している人、

実際に成績にも結び付いていて

部活でもレギュラーを取っている人もいました。

自分の努力はまだまだなんだと気づかされました。

それから自分の生活を見つめ直し

野球にもっと時間をかけられることに気付き、

今まで以上に努力しました。

その結果、

自分の代でレギュラーの座をつかむことが出来ましたが

大学受験は第一志望校のみ落ちるという悔しい結果でした。

 

強く感じた事としては

両立することでより多くの成功体験を詰める

チャンスがあるということ

また、

今後1つの事だけを頑張らなきゃいけない

ということは

社会に出てからほとんどないと思います。

大学でも日々の課題やサークル活動、

アルバイトもある中でどれか一つしかやらない

ということもできると思いますが

私は多くの事をやっていくほうが

より充実した生活を送れると思います。

いま、

もし部活と勉強が両立できていない人がいるなら

生活を見つめなおし、

両立するよう工夫をしてみてほしいなと思います。

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!