受験期に励まされた本、曲~進藤編~ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 10日 受験期に励まされた本、曲~進藤編~

こんにちは!

1年生担任助手の進藤です!

 

最近は昼と夜の気温差に悩まされています…。

 

さて!

今日のテーマは

「受験期に励まされた本、曲」

ということで、

 

私が実際に

受験期に聞いていた音楽を

紹介します!

 

この時期の私は、

第一志望校の過去問を

ひたすら解き、

そして点数を見て落ち込み…、

という感じでした🙁

 

そんな時に聞いていた曲が、

クリープハイプ

というバンドの

「二十九、三十」

という曲です!

 

最初の歌詞は、

 

いつかはきっと報われる

いつでもない「いつか」を待った

もういつでもいいから決めてよ

そうだよなだから「いつか」か

誰かがきっと見てるから

誰でもない誰かが言った

もう誰でもいいから見ててよ

そうだよなだから「誰か」か

 

と割と諦めモードな歌詞なのですが、

頑張っても頑張っても

目標点数に届かなかった時期の

私の気持ちに

とてもピッタリだったんです…。

 

ですが、

この曲は最後まで

諦めモードなのではなく、

 

最後の歌詞では

 

前に進め 前に進め 

不規則な生活リズムで

 

と、不器用ながらも

少しずつ前に進んでいくことを

示唆してくれるような

とても温かい歌だと

勝手に解釈して

聴いていました…。

 

こうして曲の分析を書くのは

なんだか恥ずかしいですね!!(‘_’)

 

皆さんもこれから

つらいことや悔しいことが

たくさんあるかと思いますが、

音楽や本などの力を借りてみるのも

私はとても良いと思います!!

 

引き続き頑張っていきましょう(^^)

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!