受験生が直前期にすべきこと | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 1日 受験生が直前期にすべきこと

こんにちは。

佐藤です!!

12月に入りましたね!!

 

本日は先日行われた

高3HRについて

お話したいと思います!!

 

昨日でセンター試験まで

残り50日となります。

 

そこで

受験生が直前期にすべきことについて

昨日はお話しました。

 

 

まず、

受験とは

勝負だということです。

 

受験は合格か不合格

つまり

勝つか負けるかです。

 

 

勝負とは勝つためにやるものです。

 

 

負けたら何も残りません。

 

 

だからこれから皆さんに

常に心掛けてほしい事は

勝負に勝つために

できること全てをやりぬく

ということです。

 

 

 

ですから本当に細かいところまでこだわって

行動してほしいなと思っています。

 

 

 

ではどこまでこだわるのか。

それは考え方・思考までもです。

 

 

 

受験において

「勝負脳」という

勝負に勝つための思考が存在します。

 

 

昨日はその勝負脳について

3つ紹介しました。

 

 

①本番で100%を出すための練習。

②前向きな姿勢・前向きな言動を心掛ける。

③途中経過とゴールを見分ける。

 

この3つです。

 

 

 

また、そういう精神面以外に

もう1つ重要な事があります。

 

それはいかに受かるための勉強をするか

というところです。

 

 

受かるための勉強を

どれだけできるかで

これからの伸びというものは変わってきます。

 

だから皆さんには

これから受かるための勉強をやってほしいです。

 

そこで、受かるための勉強の

大きな軸となるものが

過去問演習を徹底することです。

 

 

その過去問演習をただやるだけでなく

そこで何ができて今何が自分に足りないか

 

 

自分自身で思考しながら勉強していく

 

 

それが受かるための勉強です

 

これからは

勝つために

できること全て

 

また本日お話した

勝負脳について

受かるための勉強

意識して行動していってください。

 

 

 

まだ皆さんにはチャンスが広がっています。

そのチャンスを掴みとれるように

 

 

日々努力しましょう!!