地歴公民千題テスト一日目!! | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2014年 12月 13日 地歴公民千題テスト一日目!!

こんにちは!!

どこのカフェに入ってもクリスマスソングが流れててちょっと耳を塞ぎたくなる広野ですw

 

今日は地歴公民千題テスト一日目でした!

私的には何をするにしてもそれがどういう目的かということを意識してそのことに取り組まなければ、

その取り組みに成果と成長は見られないような気がします。

なので考えてみましょう、千題テストって何の意味があるのでしょうね。

っということを本日は伝えます。

先に私なりの答えを綴ります。

【答え】

①知識の整理+新しい知識との出会い

②千題を解ききる忍耐力と精神力の養成

かなーと思います。

今日でちょうど500問解いたくらいですかね。

 

明日また500問解いて、二日間で千題解ききったことになります。

1000問ですよ!1000問てものすごい量ですよね、算数の100マス計算みたいに全部似たような問題ではありません!

全部異なる問題です。それを1000問解ききって、その後しっかりと復習すればどれだけの力が・・・・

1000問解いて、これまで学んできたことがどの程度整理できているか把握し、

すぐに整理+新しい知識の取得でパーフェクトな知識にしましょう。

たらたら1週間とかかけて復習しても整理できませんよ!

がっつり一日、間に合わない人は二日とかで一気に脳内整理を行いましょう

絶対点数が一気に伸びるはずです!!

 

続いて、忍耐力と精神力ですね。

千題テストに本気で取り組むことによって、一日で勉強出来る量の多さと質の高さに気づくと思います。

今後、受験が近づくにつれますます時間の乏しさに駆られます。受験生であれば全員そうなはずです。

大切なのは、そういったメンタルのもとで日々如何に自分の最大限を出し切って勉強できるかどうかなので、

最近不安に駆られてふわふわしがちな人どうしても集中が途切れてしまう人友達と不安話で盛り上がっちゃう人

は千題テストに本気で取り組み、自分の精神面・体力面ともに限界を広げてください。

もちろん千題テスト以外にもこういった力を養成する手段は多々ありますが、千題テストでも十分に養成できますので

明日、そして大晦日の英語千題テスト、

『今までにないくらいの勢いで取り組んでみてはどうでしょうか。』

 

 

広野