自分の受験生時代の夏休みについて Part2 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 13日 自分の受験生時代の夏休みについて Part2

 

こんにちは!

担任助手一年の寺口です!

 

もうすぐ夏休みが始まりますね!

夏休みの計画はもう立てましたか?

まだ立てられていない、という人も多いと思います。

そこで、今日は僕が受験生のときに

夏休みをどう過ごしていたかお伝えします!

よければみなさんが計画を立てるときに

役立ててください!

 

僕が受験生活を通して一番頑張ったな

と思う期間が夏休みです。

なぜそんなに頑張ったかというと、

やることがとにかくたくさんあったからです。

未受講の講座がかなり残っており、

その上センター過去問

膨大な量をこなさなければなりませんでした。

また、夏休みの後半には東進の夏合宿が控えていました。

合宿に行っている5日間は受講も過去問もできないので、

それまでにできる限り終わらせようと必死でした。

 

全てやりきるために、

東進の開いている時間に合わせて生活していました。

朝は開館時間よりも早く起きて、

眠気覚ましに単語を見直していました。

その後開館時間に校舎に来てお昼まで受講、

午後にはセンター過去問の演習、

閉館後は家にまっすぐ帰り、

ご飯を食べてすぐ寝る、

という風にルーティンを作り、

計画が狂わないようにしていました。

 

受講や過去問が滞るのが心配だった合宿期間には

自分の勉強量の限界を引き上げることができ、

合宿から帰ってきた後にはそれまで以上の集中力で

勉強に取り組むことができました。

 

これから始まる夏休みは、

みなさんの運命を左右するものになります。

悔いのないよう、

きちんとした計画を立てて

頑張ってください!

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!