大学の好きな授業についてpart16 星薬科大学薬学部編 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 7日 大学の好きな授業についてpart16 星薬科大学薬学部編

こんにちは!森島です!!

久しぶりのブログ担当です\(^o^)/

 

 

今日は、

「大学の好きな授業について」

ということで

 

 

星薬科大学薬学部を代表して

僕の好きな授業について

書いていきたいと思うのですが、

 

授業について書いていく前に、

大学と学部学科について

簡単に説明していきたいと思います!

 

僕が通っている星薬科大学は

一般的な総合大学とは異なり、

薬学部のみから構成される単科大学

1学年あたり約270人の薬学科

約30人の創薬科学科

から構成されています。

 

 

薬学科創薬科学科の違いを

簡単に説明すると、

 

薬学科

薬剤師養成のための学科で

6年間の学部生活の後に、

薬剤師国家試験を受験します。

 

一方の創薬科学科

研究者等を目指すための学科で

4年間の学部生活の後、

大学院に進学して研究を行っていくか

卒業して、

就職するか選択をすることになります。

 

そんな星薬科の授業で

僕が最も好きな授業は、

 

創薬科学系薬理学実習

という授業(実習)です!

 

この実習は1ヵ月という短期間で

実施されるもので、

内容としては

与えられた未知検体を

実験を通して

何の物質であるか

検討していくというものです。

 

実施期間の1ヶ月間は、

平日はほとんど毎日

昼ごろから夕方まで

実験を行っていくというもので、

なかなかハードです(^_^;)

 

しかし、

どんな条件でどんな実験をすれば

未知検体の同定につながるか

考えていくことは、

実際に研究を行っているみたいで

興味のある人には

結構楽しかったりします(^^)

 

東進ハイスクール向ヶ丘遊園校には、

様々な学部に通う現役大学生が

担任助手として働いています

 

「大学生活について聞いてみたい」

「受験勉強を始めたい」という人は

是非是非校舎の方まで相談に来てください!!

 

 

現在、東進では

無料特別招待講習を実施しています!

興味のある方は是非是非こちらも

見てみてください⇓⇓