太田です! | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 4月 17日 太田です!

 

こんにちは~!

新3年生になりました!

太田です☺

 

今日は

みなさんに私を

知ってもらうべく

色々お話ししたいと

思います!

 

 

基本データから、、、

太田茜(オオタ アカネ)

立教大学 文学部 英米文学専修

出身は県立多摩高校

女子サッカー部に所属

 

趣味は映画鑑賞(だいたい1人)

音楽を聴きながら街散策

好きなアーティストのライブに行く事!

 

実は去年1年

大学を休学して半年間

オーストラリアに留学していました!

 

そのおかげか

最近は映画も音楽も

海外志向になってます!

 

オーストラリア滞在中は

メルボルン、アデレード、

シドニー、ケアンズ、ゴールドコースト

アメリカ(西海岸)

を旅行しました。

 

元々インドア派な私ですが

さすがに旅行の魅力に

気付きまして

今後は国内、外

色々廻れると良いな~

と、思っています。

 

 

この留学の体験は

私の人生でスパイスとなりました。

 

異国の地に1人きりで行く

それだけで十分スパイシーな体験ですが

その中で英語という言語と

全く違うバックグラウンド・価値観

持った人達と出会って

その環境の中で生きていく

平凡な日々も

私にとっては

刺激の詰まった闘いでした。

 

楽しいことも悔しいことも

沢山あって

今までの自信を

打ちのめされたり

新しい発見があったり

ただ、

この半年間を生かすも殺すも

これからの私次第だな

意気込んでいるところです!

 

そもそも

この留学というのが私の

大学受験の際のでした。

 

日本語だけの世界より

英語を含めた世界の方が

何百倍も広くて深い

それを知りたい。

と思っていました。

 

高校生に抱いた

叶えることができたので

次の更なるを探します!

 

そんな私が今勉強している

文学部英米文学専修

そのまま、

英と米の文学を

学びます。

 

しかし、

この世界がとても深いんです!

 

文学というのは

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚

全てが閉ざされた

しかし

全てを感じることができる

文化です。

 

一つ一つの言葉・表現で

読者にその世界を創造させ

楽しませ、考えさせる。

 

そんな文学にも

それぞれのバックグラウンドがあり

それを読みとく側の私たちにも

それぞれのバックグラウンドがある。

 

また読む人間によって

感性が違うのも勿論

場所、時間、気分

によっても変わる。

 

つまりは

文学は無限の可能性

なんですね!

(笑)

 

話し出すときりがないので

何か質問があったら

私まで聞いて下さい!

 

 

 

では!