好きな言葉part4 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 5日 好きな言葉part4

 

こんにちは!

佐藤です。

いかがお過ごしでしょうか。

受験生は受験校を考えていく時期に突入し、併願校の対策などにも着手していかなければいけなくなってきましたね。

その分、やらなければいけない事が増えているとは思いますが

時間を上手く使って、やり抜いていきましょう。

 

さて

本日は連日続いている

「好きな言葉」がテーマです。

 

好きな言葉は結構ありますが

私が受験生時代に

最も刺さり、心の拠り所となった言葉を紹介したいと思います。

 

GRITという言葉です。

これは私が生徒時代にある担任助手が紹介して下さった本に書かれている言葉です。

 

日本語に訳すと

「やり抜く力」です。

そのGRITという本はGRIT=やり抜く力が

成功を収める為に最も必要な事だと説いている本です。

 

言ってしまえば

才能よりも

努力し続けるやり抜く力の方が

大切であり

また才能は先天的な部分が大きいが

やり抜く力は後天的な部分が大きく

自ら身に付ける事ができる力だという事です。

 

私は受験生時代

この本を読み、受験期のモチベーションにしていました。

 

なぜなら

受験期を通じて

「やり抜く力」を身に付けられると思ったからです。

そして私にとっての受験はやり抜かなければ

成功できないものだったからです。

 

受験は

最後までやり抜けるかが

成否を分けるものです。

 

才能がある人はもちろんいますが

だいたいは努力し続けられるかが最も重要な事です。

 

この言葉を胸に秘め

克己心を持って最後まで努力し続けられたから

私は第一志望の大学に合格できたと思っています。

 

 

この時期は志望校とのギャップがより現実的に感じられ

果たして残り時間でギャップを埋められるのか?

過去問を解いていても

いざ本番このレベルの問題で

合格点が取れるのか?

などと不安に陥ると思います。

 

そういった感情は受験生全員が持っているものであり

あなただけが抱いている感情ではありません。

 

自分を信じて最後までやり抜いてください。

それがあなたにとって最も大事な事です。

 

私達スタッフも信じています。

 

共通テスト本番まで残り70日弱、やり抜きましょう。

 

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!