将来の夢について Part2 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 3日 将来の夢について Part2

こんにちは!

もうすっかり夏ですね!

夏休みは受験生にとって

一番の頑張り時と言えますが、

なんだかモチベーションが低い、

という人もいるのではないかと

思います。

 

そこで、今日は

少しでもみなさんの励みになるよう

僕の将来の夢について

お伝えします!

 

少しでもみなさんを

元気づけられたら幸いです。

 

僕は東進に入学した当初、

これといったがありませんでした。

志望校はなんとなく決めました。

大学に入った後に何をしたい、

といった展望も全くない状態でした。

 

そんな中での勉強は、

あまり充実したものではありませんでした。

 

しかし、僕が

見つけたのは、意外にも

勉強をしているときでした。

 

英語を勉強しているうちに、

言語としておもしろく感じるように

なってきたのです。

 

それからは英語の語源を調べたり、

洋楽の歌詞を読み込んだりして、

純粋に英語を楽しむようにして

学んでいきました。

 

すると英語の成績がぐんぐん伸びだし、

その弾みで他の教科の勉強にも精が出てきました。

現代文からは自分の知らない学問や概念を、

古文漢文からは古人の知恵や感性を、

日本史からは先人の生き様を、

それぞれ学ぶことができました。

 

そこで僕は思いました。

これらは全て大学での学びにつながっている、

これらを総合的に勉強して、

人間の営みについて考えるのが

面白いのではないか、と。

そうして得た知識を、

英語という媒体を通して

伝えていけたらいいのでは、と。

 

その瞬間、僕の中で

全てが一つにつながりました。

 

僕はすぐに第一志望校を

早稲田大学の文化構想学部に変えました。

そこが僕の意に叶う数少ない場所の一つだと思ったからです。

 

その後の受験勉強には、

以前より何倍も

身を引き締めて取り組むことができました。

苦しいときもありましたが、

この辛い勉強も全て自分のとなりとなる、

と思うと、めげずに乗り越えることができました。

 

そんな思いが届いたのか

僕は晴れて第一志望校に合格し、

憧れだったキャンパスで日々を過ごしています。

 

受験勉強をしていれば、

辛い場面苦しい場面に何度も出会うと思います。

そんなとき、自分を何よりも支えてくれるのが

「夢」です。

どんな些細なことでも構いません。

勉強をする意味を見出すことが、

自分の未来を切り開く最良の手立てです。

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!