数学の勉強方法①(まずは数学と向き合いましょう) | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2014年 2月 4日 数学の勉強方法①(まずは数学と向き合いましょう)

この画像みてどう思いましたか?

1.数式かっけええーーーー(;O;)

2.こっっっわ……

3.。。。。。。。。

4.(物理の数式やん..)

 

人によって感じることはそれぞれ違うかと思いますが、本日はどのような人に対しても

数学が好き

数学が得意に

なれるよう話していきたいと思います。

 が!

一回のブログでそんな簡単に人の好みなどを変えられるほど僕は詩人ではないので、数回に渡って月日をかけて話していきたいかなと思います。

 

数学=世の中に出てから使わないもの

こういったレッテルが多くの人に貼られているかともいますが、

実際、、、、、実際日常生活において数学は使いませんよね<(`^´)>

ではなぜ義務教育として数学を使うのでしょう、なぜ大学受験でも使うのでしょう、なぜどの入社試験でも使われるのでしょう。

 

ズバリ答えを言ってしまいますと、

数学を活用すれば人生が豊かになる

からです。

豊かってどういう意味なんでしょうね。想像つきませんねこれだけだと。

 

例えばですが、

数学が発達すると何がどうなるのかについて述べます。

1.みなさんの使っている携帯電話!これの通信速度があがります。

2.スマホの性能も上がります

3.家電全般の性能上がります。値段も下がります。

等々、挙げればキリがありません。

でもやっぱり、数学は何やっているのかよくわかりませんよね。

通信速度上がると漠然と言われても結局数学をどう使えばいいのか分りませんね、それに自分はそういった職業につかないだろうと少し離れた位置から見てしまうかと思います。

 長くなって四方山話になってしまったのでそろそろまとめますが、

何が言いたいかというと

数学は活用しようとすれば物凄く活用できる

逆も然りで、数学は意味ないと思えば数学を活用できません。

しかし世の中の生活の中で数学があったからこそ発達し、現在普通に使用されているものが多々あるのは事実なのです。

 人々のために文明を発達させようと何かを作るために数学を研究し、数学を使って作り上げたのです。

 

何も考えず、ただ便利なものを使うだけの人間なのか

人々に便利なものを与える人間なのか

 

数学ならず学問を受験で学ぶのならばまず、上記のどちらに自分は該当するのか考えてみてはいかがでしょうか。

 

向ヶ丘遊園校スタッフ 広野