春色の汽車に乗って | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2016年 3月 22日 春色の汽車に乗って

こんにちは!

 

 

 

 

本日のテーマは「受験における春休みの重要さ」です。

 

もう学校が春休みに入った人も、まだの人もいると思います。

 

まだの人も午前授業だったり、授業は終わって残すは行事だけという人が多いのではないですか?

 

 

まずは新高3生(現高2生、東進で去年のは11月から高3生と呼んでいます)に向けて。

 

 

まだ部活が現役の人もいればもう引退した、または所属していない人もいると思いますが

 

 

最近どのような生活を送っていますか?

 

 

みなさんはもうすぐ現高3生となります。

 

 

受験生になるのが近づいているのは分かっているけれど見て見ぬふりをしていた人がいるのではないでしょうか。

 

 

 

少し厳しいことを言いますが、

 

 

もう逃げることはできないのではないですか?

 

 

センター試験まで残り何日か知っていますか。

 

 

あと1年くらいって思ってませんか。

 

残り297日ですよ。

 

 

新年あけてあっという間だったとは思いますが、

 

 

年明けてから今日までを約3回と少し繰り返したらもうセンター試験です。

 

 

もう、早く始めて周りと差をつけよう!

 

という話ではありません。

 

 

やらなければ間に合わない。

 

 

そんな時期です。

 

 

この春が第一志望合格のための最後のスタートを切るタイミングです。

 

 

ここでも見て見ぬふりをしたらそれは必ず後悔につながります。

 

 

 

 

みなさんには後悔して欲しくない。たくさん早く始めるべきだったと後悔している人を見てきたから。

 

 

 

この春休み。

今まで逃げてきた自分と向き合ってください。そして乗り越えてください。それが受験を超えて将来への大きな第一歩です。

 

 

 

新高1、2生に向けて。

 

 

受験勉強を始めるのにに早すぎるということはありません。

 

上手くいかない人の多くは始めるのが遅すぎたからが大半です。

 

 

いざ勝負の年になって後悔するのか

 

周りと差をつけて自分の本当に行きたい大学に進む力をつけるのか

 

 

ぜひこの新学期の切り替わりである春休みに行動に移してみて下さい。

 

 

っていわれても何したらいいのか、大学受験について全然分からなかったりする人が多いと思います。

 

 

そんな方へ

一度校舎に来て下さい!どんな相談にでも乗りますよ!

 

 

そして今は新年度特別招待講習をうけることができます。

 

 

この春休み

できた時間を無駄にしないように利用してくださいね!(^^)!

 

 

 

 校舎で待っています(*^_^*)