東進に入ったきっかけは?~佐藤編~ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 17日 東進に入ったきっかけは?~佐藤編~

 

こんにちは。

佐藤です。

 

本日のテーマは引き続き

「東進に入ったきっかけは?」です。

 

私もそもそも予備校に入る事を

考えたきっかけを話そうと思います。

 

予備校に行くって決めた際には

私は東進一択だったので(笑)

 

 

そもそも私が予備校に通いたいなと

意識し始めたのは

高校2年生になる前の春休みです。

 

それまでは1ミリも大学受験の事は

考えてなくて

部活に全てを捧げているような人間でした。

テスト期間が訪れたら

赤点を回避する為に

苦手科目に多くの時間を費やし

好きな科目で良い点数を取って

部活の仲間と自慢しあうみたいな事しか

していませんでした。

 

ただ目の前にある課題を消化する事しか

してませんでした。

 

そんな感じの生活を送っていたにも

かかわらずいきなり心の変化が生じたのは

友人の存在がきっかけでした。

 

いつも部活が終わった後

一緒に帰る仲間が家に帰らず塾に行くように

なっていきました。

 

また学校の授業の合間に

英単語のアプリをやっているのをみかけ

「凄く覚えてきている」という事を自慢され

羨ましく思うようになりました。

 

そんな感じで大学受験の事など

1ミリも考えてはなかったですが

とりあえずもうちょっと頭がよくなりたいな

という気持ちと

質の高いコンテンツを使ってみたい

という好奇心によって

友達が多く通っていた東進の体験に行く事になりました。

 

体験に行った後は、コンテンツの質の高さに感動して

すぐ東進に入りたいという気持ちになりました。

 

少なくとも東進に入学した時に

大学受験の事を強く意識していたわけではありません。

ただ友達に点数で負けたくないという気持ちの方が

強かったです。

ですが、そんな軽い感じで入ってしまいましたが

結果比較的早い時期から通う事になったので

入っておいてよかったなと

思っています。

 

きっかけは軽い気持ちでもいいのかもしれません。

軽く踏み出したことによって得た何かによって

心が動かされることってあります。

 

大学受験の事を考えることは、将来を考える事にも

繋がるのであまり考え始めたくないという気持ちも

わかります。

だからこそ

とりあえず一歩、動き始めてみる

 

大事な事かもしれません。

 

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!