模試って受けなきゃいけないの?? | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 10日 模試って受けなきゃいけないの??

こんにちは、東進の田中です。

健康診断で、1センチ身長が伸びてることが発覚して、少しうれしい今日この頃です☻

大学出るまでに175センチに到達したいです。

 

さて、本日のテーマは、

「模試って受けなきゃいけないの??」

です!

 

模試が近づいてくると、

「まだ勉強が全然できてないから、意味ないですよね。。」

「どうせ解けないので、受けたくないです。。」

「模試を受けるなら、ほかの勉強をしたいです」

「まだ3年生じゃないし受けなくてよくない??」

などのような声をよく聞きます。

たしかに模試って時間が長いですし、とても疲れますよね。模試に対してネガティブな感情を抱いている人は多いと思います。

 

ですが!問題を解く力がなかろうと、高3生になっていなかろうと、模試を受験する意味は絶対にあります!!

それは模試を受けることによって得られることがあるからです!

私が思う模試で得られることは、大きく2つあると私は思います!

①実際に問題を解く訓練になる

②現状を知ることが出来る

それぞれ説明していきます。

 

①模試はアウトプットの練習になります。高1,2生は普段インプット学習はしていると思いますが、アウトプット学習をする機会はなかなかないと思います。問題を解いていくにあたって、最初は上手く解くことはできないかもしれませんが、正しい現状分析・復習をして、回数を重ねていけば必ず問題に慣れていき、点数も上がっていきます!

 

②自分の第一志望校に対してあとどのくらいの点数を伸ばしていかなければいけないのか、というのを明確にできます。模試では、第一志望に対して、残りのプラスαの点数をどうやって埋めていくか、自分は何が苦手なのかを考えていく必要があります!例えば、数学で確率の部分だけ志望校ラインに届いていなければ、そこの部分を復習していく必要がありますよね。

 

他にもたくさんありますが、以上の2点が私が思う大切なポイントです。

もし、復習の仕方がわからない、結果を見ても何を勉強すればわからない、と思った人はぜひ校舎にいる担任助手に聞いてみてください!次の模試に向けて、どうやって点数を伸ばしていくか一緒に考えていきましょう☻

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!