模試の復習法〜社会編〜 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 25日 模試の復習法〜社会編〜

 

どうも~

太田森羅で~す

 

今日から梅雨復活といった感じっすね…。

我が太田茜担任助手姉さんは

雨がお好きなようですが、

僕は大嫌いです。

 

あ、

上で本家太田さんを

「姉さん」と呼びましたが

我々はガチガチの他人です。

お間違え無く、、、

 

 

 

さて、

本日のお題は

模試の復習法〜社会編〜

ってことなんですが、

正直言って

僕は社会科目の模試では

復習と呼べる復習は殆どしませんでした

 

理由は以前からお伝えしている様に

僕は日本史狂だったので、

模試の振り返りは解答解説に

ザっと目を通す程度で済んでたからです。

 

 

しかし、

社会科目模試の復習を

殆どやらなかった僕でも

「こういうやり方でやった方がいい」

という考えはあります。

 

今回はその方法についてお教えしましょう。

 

まず、

日本史の力を伸ばすには

以下の3点が必要です。

 

通史力

用語力

結合力

 

①の通史力は、いわゆる

歴史の流れを把握する力

です。

 

歴史は

用語のみで点数は取れません。

「歴史を1つのストーリーのように捉える」

という文言を聞いたことがある

人も多いと思いますが、

将にその通りで

歴史は流れを掴んで初めて

土台が完成します。

 

 

続いて②の用語力です。

かと言って、

通史だけ理解していても

用語がまるっきし分からなければ

模試で点数は伸びません。

英語でいう英単語が

日本史で言う

日本史用語という訳ですから、

そりゃそうだって感じですよね。

 

用語力が足りてないな

と思うのであれば、

一問一答や用語集などで

頻繁に確認しましょう。

 

最後に③結合力。

「この時の老中誰だっけ~?」

的な状況に陥る時ってありますよね~。

せっかく

用語力と通史力を備えていても、

それら2つが

結びつかないと意味がないです。

 

この状況で考えると、

沢山いる老中の中でも

解答に一致する老中を

通史の中から選ばなければなりません。

その力が結合力です。

 

 

以上の3点が揃って始めて

日本史が武器になります。

 

今回の模試が

上手くいかなっかった生徒は

是非上記の3つの力を

参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

次の模試では

点数が上がれるように

最善の努力をしましょう!

 

それではまた、、、

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!