模試の復習法〜社会編〜 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 1日 模試の復習法〜社会編〜

こんにちは!

担任助手2年の

寺口です!

近頃は

ぽかぽか陽気で

すっかり春という感じですね!

お日様が気持ちいいからといって

ついつい寝過ごさないように

気をつけたいものです…!

 

さて、今日のテーマは

模試の復習法〜社会編〜

です!

 

社会科目を復習するときは、

他の教科を復習するときと同様に

間違えたところを中心に

復習することになると

思います。

 

多くの人は

間違えた語句をチェックして

ひたすら書いたり

声に出して読んだり

して覚える、という方法を

取るのではないでしょうか。

 

基本的にはこの方法で

問題ありません。

 

しかし、

間違えた部分が

未習範囲だった場合、

このやり方は

骨折り損になりがちです。

まともに覚えたことのない語句を

何の脈略もなしに覚えても

効率が悪いので、

この場合は

まずその未習範囲を

潰すことに注力しましょう。

 

大事なのは、

既習範囲の問題

間違えた場合です。

 

この場合は

まず原因を考えましょう。

 

①その語句のみ忘れていた

 

②その範囲(時代、地域、単元など)

自体が曖昧になっている

 

③その範囲は学習したが

その語句は覚えたことがない

 

原因は

おおよそこの3つに

大別できると思います。

 

①の場合は

先述のやりかたで

愚直に覚えれば問題ないです。

 

②の場合は

教科書を読み直したり

受講を受け直したりして

間違えた範囲ごと復習

しましょう。

 

③の場合は

一問一答などで

その語句のレベルを調べ、

志望校レベルに応じて

覚えるべきか

判断しましょう。

 

社会科目に限らず、

復習の際は

失点の原因を見極めて

それに応じた対処をする

ことが

重要です!

 

模試は復習が

一番の要です!

引き続き頑張ってください!

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!