次頑張ろうじゃ遅い!!! | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2014年 2月 22日 次頑張ろうじゃ遅い!!!

こんにちは、就職活動を通じて自分の軸の無さを実感している広野です。

 

今日は「時間」について話したいかと思います。

かたっ苦しい題名ですが、出来るだけ楽しくわかりやすく意味のあるものにするので是非とも最後まで読んでみてください。

 

さーて、突然なのですが!!!!!

「受験」において「次頑張ろう!!」という言葉は良い言葉なのでしょうか?

一見ポジティブな言葉で前向きっぽい模試の成績が悪かった友達とかが自分の周りにいたら使ってしまいますよね。

でもこの言葉、実はすごく危険な言葉なのです。

今後この言葉は使わないでください!というわけではないのですが、

この言葉は厳しく言ってしまうと

「受験生を甘やかしているだけ、現実逃避させているだけ」

の言葉なのです。

 

模試やましては受験本番において「次頑張ろう」といっている人はいつになっても頑張りきれません。

次頑張ろう、今回はしょうがないなどと今を全力で生きていない人は一生勝てないのです。

今を全力で生きられない人は「時」に置いていかれるのです。

 

気づいた頃には敗北者となり、それでも「次頑張ろう」という。

次のこと目指して頑張ることは決して悪いことではありません。

しかし、今までの自分の甘えに対して向き合い、今を必死に生きることの出来ない人は真の弱者として堕ちていくのです。

どうか皆さんにはこの「時間」という概念を考え直し、本気で受験に取り組んで欲しいと思います。

 

そこで、いきなし本気になるのは難しいかと見受けられますので

キッカケとして・・・・

「吉野先生の公開授業」

に参加してみてはいかがでしょうか!!!

吉野先生は受験勉強を始める前は全く国語が出来ず、偏差値25というとんでもなく悪い成績から受験をスタート

そして勉強を始めてぐんぐんと成績を伸ばしていった吉野先生

壊滅的だった国語の成績をなんと4ヶ月でしかも独学で偏差値を25から86にあげる事に成功しました。

どうしてこんなに短期間で成績を伸ばす事が出来たのか気になりませんか?

「今頑張れない奴は一生頑張れない。

でも今頑張れば、一生頑張れるかもしれない。」

この言葉を今なお体現し続ける吉野先生

 

公開授業に出れば国語の成績をあげるコツをつかめます!!

古文が苦手な人、いまいち勉強に集中できない人はぜひ参加してみて下さい!!

 

明日のブログは明日が第一回センター試験本番レベル模試なので

大澤くんが「模試の活用方法」についてお話してくれます。

 

 

以上広野でした。