習慣化の秘訣 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 4月 13日 習慣化の秘訣

こんにちは!

東進ハイスクール向ヶ丘遊園校

校舎長の浅田です。

 

今日は、

「習慣化の秘訣」

についてお話をします。

 

 

突然ですが、私は昔、

やせてました。

 

背は昔から高かったのですが、

筋肉も脂肪もつかないことに

悩んでいたのです。

小学校4年生から高校3年生の

夏まで野球をやってましたが、

「浅田はもっと太れ」

と、コーチや監督、

チームメイトに言われていました。

 

高校時代のあだ名の一つに

「ナナフシ」があります。

枝に擬態する昆虫ですね。

是非インターネットで

画像検索してみて下さい。

今の”浅田”

しか知らない人からすると、

高校時代の”浅田”

想像つかないのではないでしょうか。

向ヶ丘遊園校に通う皆さんには、

卒業するとき写真を見せてあげますね!

 

そんな私ですが、今、

ダイエットをしているのです!

 

その名も、

「炭酸飲料飲まないダイエット」

 

2020年1月1日から開始しており、

今年に入ってまだ炭酸飲料を

飲んでいません。

絶賛継続中でございます。

 

なぜこのダイエットに

行きついたかというと、

「無理なく続けられることをしよう」

と思ったからなんですね。

 

それまでの私は、

 

麦茶の代わりにコーラ

の代わりに三ツ矢サイダー

 

のような生活をしていました。

ラーメンを食べながらコーラを飲む、

みたいな生活をね。

 

ラーメンとコーラ、最高!

 

それは太りますよね!

 

ただ、どのラーメン屋にも

コーラが置いてある訳ではなく、

水を飲む場合もある訳です。

でも、それはそれで、

 

ラーメンと水、最高!

 

となっていた訳ですよ。

 

 

で、いざダイエットをしよう、

となったときに、考えたんですよ。

 

「コーラの代わりに水で良くない?」、と。

 

そのような経緯で

このダイエットは始まりました。

 

ダイエットとは言っていますが、

これ以外のことは一切行っていません。

なぜかというと、

 

いきなり沢山のことをしようとしても

 

浅田はどうせ続けられない

 

ということを自分自身が

一番わかっているからです。

 

勿論、

変わるために

やるべきことが

沢山あるのであれば、

やらなくてはいけない

 

でも、ダイエットは長期戦です。

 

続かないのであれば、

沢山やろうとしても意味がない

 

そう考えて、私は

「無理なく続けられることをしよう」

と、

「炭酸飲料飲まないダイエット」

を続けています。

 

受験勉強も長期戦、

ダイエットと同じです。

 

単語を1日100個確認するのは辛い…

数学計算演習100問も解くの大変…

 

そうなのであれば、

 

単語を1日50個でいいから毎日確認

数学計算演習、1日1単元必ず進める

 

少なくてもいいから毎日続けてください。

 

この前、久しぶりに会った担任助手に、

「浅田さん、前より痩せました?」

と言われ、少し嬉しい今日この頃。

もっと頑張ろうかな、

と前向きになりつつあります。

 

「こんな少しだけで意味あるかな?」

と不安になるかもしれませんが、

自分を信じて続けてみて下さい。

変化を感じると、やる気が出てきて、

前よりもっと頑張ろう、と

自然に思えてきます。

 

担任助手は

みんなの変化を見つけるプロなので、

沢山頼って下さい。

 

でも、最終的には、

自分で自分の変化を見つけ、

やる気を引き出す、

そんな大人になって下さい。

 

 

ちなみに、このダイエット、

実は2018年1月1日~3月下旬にも

実行し、見事4月に頓挫しています。

理由は、

 

「コーラを飲んじゃったから」

 

です。

 

向ヶ丘遊園校の校舎長に

なることが決まり

少し浮かれちゃったんでしょうね。

「今日くらいいいか!」

という気持ちで飲んだんだと思います。

 

そうしたら翌日も、

 

「昨日も飲んじゃったし…

今日も飲んじゃうか!」

 

という具合に、3ヶ月培った習慣が

一瞬で崩れ去ってしまいました。

 

 

習慣を壊すのは簡単です。

 

「1日だけやらない」

 

これで

「やらない」という習慣が始まります。

 

「よーし、今日から単語頑張るぞ!」

「初日は…とりあえず1000個!」

 

最初意気込んで頑張ろうとする人、

よくいますよね。

 

頑張ろうとするのは偉い、偉いんだけど、

「その1000回、

本当に毎日続けられるかな?」

と、毎日続ける自分をイメージしてから、

走り出してください!