自分の受験生時代の夏休みについてpart4 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 15日 自分の受験生時代の夏休みについてpart4

 

 

こんにちは!

 

1年生担任助手の進藤です。

 

最近風邪がとても流行っていますね。

私の周りも風邪を引いている人がたくさんいるので

皆さんも風邪ひかないように気をつけて下さい!

 

さて、今日は私が受験生だった時の

夏休みについてお話ししたいと思います!

 

皆さんご存知かと思いますが、

受験生にとって夏休みって、

とてもとても重要なんです!

 

夏休みは

勉強に費やせる時間がたくさんある分、

夏休みの勉強量の差は

後になって点数の差として大きく現れます…!

勉強量の確保の仕方については

昨日のブログで秋田さんがお話しして下さったので

そちらも読んでみてください!

 

私が受験生だった時、

夏休みは1日15時間勉強することを

目標にしていました!

 

ですが毎日15時間勉強をするというのは

とても大変なことです。

 

とくに私は集中力を保つことが

とても苦手だったので、

どうにか集中力を保つ方法は無いかな~と

日々模索していました。

 

その中で私が一番効果があったと思った方法は、

 

重い勉強と軽めの勉強を交互にやる!

というものです。

 

たとえば私は英語の長文、数学の演習、

古文の演習、にとても体力を使うと感じていて、

逆に英単語、古文単語、文法書、などは

比較的それほど体力を使うことなくできると

感じていました。

 

なのでこれらを交互に行うことで、

そうしないよりも長い時間

集中力を保つことができていました!

 

皆さんも自分が

体力を使う勉強、使わない勉強、

を日々模索して

ぜひこの方法を試してみてください!

 

もうすぐ夏休みが始まるかと思いますが、

15時間勉強頑張って行きましょう!

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!