苦手を分析することの大切さ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2018年 8月 3日 苦手を分析することの大切さ

こんにちは!

丹羽です!

相変わらず暑いですね

こんな日は受験生は涼しい部屋に籠って勉強に限りますね(^^)(^^)

 

さてさて皆さん!

皆さんは自分の苦手分かってますか??

特に苦手な教科は無いかな

というひとは

苦手を見つけられていないだけ

じゃないですか??

苦手を見つけるというのは

意外ととても難しい事なのです

 

でもこの先は

苦手を見つけて潰す

その積み重ねが成績を上げていくための

近道になってきます

苦手を見つける為には

まず過去問を解いて

なにが苦手な分野なのかを徹底的に分析します

自分が間違えたところが

何の力、知識を問われているところなのか

常に意識することも大切です

 

苦手を見つけたら

何で苦手なのか原因を考え、

そこを集中して演習して

克服しましょう

 

東進では大問別演習と言って

模試の過去問を各大門別に区切って演習出来るものがあります

これが何と過去60年分もあるんです!!

すごい!

 

皆さんも早いうちに自分の苦手を見つけて

受験の天王山である夏を乗り越えて成績アップしましょう!!

 


 

 

明日は渡辺君です☆