苦手撃退法 part4! | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 2月 20日 苦手撃退法 part4!

 

受験生!

ラストスパート頑張って下さい!

 

 

本日は昨日に引き続き

苦手撃退法を私なりに

お伝えできればと思います!

 

まずはじめに、

なぜ苦手教科が生まれてしまう

と思いますか。

 

誰しも苦手分野あると思いますが、

そのほとんどは

そもそもそれほど勉強しないため

点数が取れないから

ということが多いです。

 

勉強しないから得点は上がらないし

点数が低いから嫌な気持ちになって

勉強する意欲がわかない

というサイクルになっています。

 

じゃあどうすれば良いのか。

その教科を勉強する時間を

しっかり取ってあげることです。

至って普通のことを言っていますが

他の教科では

それができているはずです。

 

苦手教科の克服において

工夫してほしいのは

その教科の全体観を把握すること

です。

 

なぜかというと、

苦手教科は特に

それほど手を付けられていない状態

にあるため「食わず嫌い」

と同じ状況にあるかもしれません。

 

なので英語を例に挙げると、

単語・熟語・文法・構文・長文

と5段階に分け

 

仮に東進コンテンツの

高速マスター基礎力養成講座

を用いたとすると、

長文を除いた4つに関しては

単語→約2週間

熟語→約2週間

文法→約3週間

構文→約3週間

で完成させることができます。

 

苦手教科は苦手ということあって

モチベーション維持ができないし、

努力を継続することが難しいので、

上記のように、

すべきことを明確にする

のが最重要です。

 

やるべきことの明確化のメリットは、

項目ごとに並べることで

頭の中が整理されること

ゴールが可視化するので

単純にやる気が続きやすくなる

ことです。

 

明確化ができたら

あとの注意点はただ一つだけです。

計画通り進める

これに尽きます。

 

計画が守れないと

自らへの嫌悪感から

やる気は下がる一方ですし

苦手意識がさらに増してしまいます。

 

大学合格の一番の秘訣は

いかに苦手分野で得点を稼げるか

にかかっていますので

後回しにせず、

今のうちから土台を作りましょう!

 

ちなみに東進では

計画通り進めるために

1週間に1度、約30分ほどで

グループミーティング

を行っていることも強みです。

 

ここでは、

先週1週間の

勉強スケジュールの見直し

今週1週間の授業及び副教材の予定

を立てます。

 

生徒一人につき

担当担任助手がつくので

計画通り進められるよう

サポートしています。

 

 

少し話がそれてしまいましたが

本日は苦手撃退法

について書きました!

皆さんの参考になればと思います。

 

そこでただ今東進では

新年度特別招待講習

を実施しています!

今だと、1講座5コマの授業を

無料で3講座まで

受けることが出来るので

新学年になる前に、

『苦手は得意に、得意は武器に』

しましょう!

校舎でお待ちしています☺