講義ライブ~大学で学んで~ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2013年 8月 14日 講義ライブ~大学で学んで~

こんにちは、長谷川です。

暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

長谷川は先日大学の方で合宿に参加し25kmマラソンを完走しました。←人生初の20km越えrun!!

そして真っ黒になって帰ってきたため生徒に笑われてます。はい。

さてさて、現在はToshin‐Timesのご紹介ですね。

今日、自分が紹介するのはフェリス女学院大学大畑甲太准教授の授業です。

「英語の実像を探る」

この講義では言語を知ることで自分が見ることのできなかった社会を発見できるというものです。

自分もこういうことを大学で学んでいるのですが、やっぱり面白い!!

英語っていうもの自体はただの言語であってそれが話せるからすごいんじゃなくて

ツールとして使って活動して何かに貢献することがゴールなんだと。

ここで注意なのが大学で学ぶことに”一つの答え”があるわけではないんすよ。

英語を学ぶ理由なんて人それぞれだし、話せるようになってからの使い方だって人それぞれ。

自分なりの答えを探していくことが大学で学ぶ本質なのです。

大畑准教授もこういっています。

「知識のピンプットなら資料や文献を読むだけでなんとかなります。

ただし、大学で学ぶということは正解のない問題について自分なりの答えををみつけることです。」

みんなは大学で何を学びたいかな?

ゆっくり考えよう^^

長谷川