過去問の活用法 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 27日 過去問の活用法

こんにちは。貝塚です。

ここ1週間で気温がガラッと変わりましたが、季節が変わる頃は風邪が流行ります。

健康には気を付けましょう!

さて、今回は多くの人が悩んでいるであろう、「過去問の活用法」についてお話します。

第一志望校の過去問は受験直前までに

10年は少なくとも解く必要があります。

ここで一つポイントがあって、

年度が新しい過去問程丁寧に使うことをおすすめします!

年度が近いものは基本的に似たような傾向のものが多いので、

傾向を把握する上で最高の素材になります。

丁寧に使うとは、

その問題を解いた後に解説を徹底活用し、

納得のいくまで復習をすることです。

これはどの大学にも言えることです。

そして私は最新年度(去年で言うと2019年度)の問題を直前まで解かないでおいて

最後の模試のような雰囲気で自分の実力の最終調整に使っていました。

これにより直近の問題の記憶が新しいままで試験に臨むことができたのですが、

「丁寧に使う」という意味においてはデメリットになってしまうので、

各々の勉強法に合わせて活用しましょう!

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!