1日の使い方 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 2月 6日 1日の使い方

 

こんにちは。

佐藤です。

寒い日が続いていますね。

風邪も流行っているので体調管理は徹底しましょう!

 

さて

今日のテーマは

「1日の使い方」です。

 

センター同日体験受験を終え

いよいよ受験生モードに切り替えようと

意気込んでいる方もいらっしゃると思います。

 

またある程度受験勉強は

出来ているけど

まだ1日の使い方が甘いな

そう感じている方はぜひ

読んでみてください。

 

僕自身受験生時代は

 

部活をやっていたころ

部活引退後

 

この2つで1日の使い方が異なっています。

 

まずは部活をやっていた頃について

 

僕は部活が非常に厳しく

休みは1週間に1日しかない

というような感じでした。

 

その中でどう取り組んでいたか

基本的に毎日校舎には行き

1日1コマは必ず受けるというような

生活を送っていました。

 

休日も大体部活でつぶれますが

できるだけいくようにしていました。

 

何が言いたいのかというと

必ず校舎に行くようにしていました。

 

自分自身強い人間ではないので

家に帰ってしまうと

勉強はできない人でした。

 

だからいくら疲れていても

とりあえず校舎に行く。

 

それをとにかく意識して

過ごしていました。

 

また僕は部活引退時期が

高3の9月なので

引退後は1日の使い方が

非常に大切な時期でした。

 

だから何を意識したかというと

1日をどう終わるか。

1週間後どうなっているか。

 

この2つをずっと考えてました。

 

これを考えていた為

1日にやるべきことが明確化され

やるべき量も把握できるので

モチベーションを切らさない

要因にもなりました。

 

このように主に自分自身の経験則から

話しましたが

参考にしてもらえればなと思います。

 

必ずしも自分のやり方が正しいわけでなく

合う合わないがあるので

色々トライ&エラーを繰り返して

自分の勉強法、1日の使い方を

確立していってくださいね。

 

今がその試行錯誤ができる

チャンスです。

受験に向けて意識を上げていきましょう!!

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!