受験生のみんなへ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 5日 受験生のみんなへ

 

井上です。

久しぶりにブログを書きます。

 

そして最後のブログ

かもしれません。

 

受験本番直前になってきて

とても色々な人の話を聞きます。

 

僕も自分の受験を含めて

5回目の大学受験になりますが、

「あの時にこうしておけば良かったな」

いまだにこう後悔することがあります。

 

 

今年度の大学受験が僕にとっての

最後の大学受験になりますが

これまでの経験で大切だと感じたことを

この場を借りて

皆さんに伝えたいと思います。 

 

 

 

僕が最近思っていることは

「過去は未来が創る」

ということです。

 

 

???

 

 

過去は未来が創る?

逆じゃない??

 

確かに一般的には

未来は過去の積み重ねが創るもの。

 

実際に僕自身もそうだと思っています。

 

 

ただ、

それでも過去は未来が創るのです。

 

 

部活のトレーニングや筋トレをする

きつかった時間という過去は

大会優勝という未来によって

勝利への糧という過去に変わります。

 

恋人と一緒に過ごした楽しかった

時間という過去は

浮気されて振られたという未来によって

思い出したくもない過去に変わります。

 

授業の間、うざったいと

思っていた友達と

話していたつまらない時間という過去は

卒業という、その状況が当たり前では

無くなった未来によって

かけがえのない思い出

という過去に変わります。

 

 

 

そして、

今皆さんが必死になって努力をしている

受験勉強という現在は

大学受験失敗という未来によって

ただただやりたいことを我慢した

つまらない時間

という過去に変わります。

 

 

しかし、

その現在は

大学合格という未来によって

人間としての成長の場、成功への下積み

という未来に変わります。

 

 

屁理屈と言われるかもしれません。

確かに、未来は過去の

積み重ねで創られる。

それは間違いないと思います。

 

 

これから受験本番までの時間を

どのように過ごすかという過去の

積み重ねによって

大学受験の合否という未来は

創られていきます。

 

 

 

だからこそ僕は

今、何をするのか

がすごく重要だと感じています。

 

 

もしかしたら今の行動によって

未来が、そして過去が

変わってしまうかもしれません。

 

 

 

皆さんに考えてほしいことは、

皆さんが

自分が今まで努力をしてきた

受験勉強という過去を

どんな過去にしたいのか。

ということです。

 

 

 

人間は自分が当事者として

経験している時には

その本質は見えないものです。

 

是非人生の少しだけ先輩の言葉を信じて

少しの間だけでも

全力で努力してみてほしいなと思います。