夏休みの過ごし方について | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2020年 7月 6日 夏休みの過ごし方について

 

こんにちは!

3年の秋田です!

 

今回は、

夏休みの過ごし方

についてお話したいと思います!

 

今年の夏休み

短い。。。

ですよね。

 

中には例年通り

1ヶ月程度確保出来そうな

学校もあるそうですが

 

大半の学校は

例年より短くなるはずです。

 

そこで、短いからこそ

その期間での

量と質

の最大成果

(特に今年はの確保)

が求められてきます。

 

 

例年の向ヶ丘遊園校の受験生は、

15時間勉強×40日間

計600時間の勉強時間の確保

を目標に過ごしていました。

 

これに相応する学習成果を

出さなければならない状況

ということで

まず乗り越えなければならない壁は

量の確保

になります。

 

勉強量を確保する為に

真っ先に意識すべきは

一日の中で使える時間を

最大限に引きあげる

事です。

 

 

具体的な方法として

学校へ行く前に

毎朝1コマやる。

過去問を1教科解く。

マスター等の確認事項を終える。

 

土日は必ず

開館時間から閉館時間まで

校舎にいる。

 

などなど

時間を増やす為の工夫を

習慣化する

のがマストに

なってきます。

 

特に、

早寝早起きを心掛けて、

登校前に勉強を進める

ことに関しては

メリットしかないです。

 

生活リズムを

早寝早起き型に整える。

 

スマホは

なるべくいじらない。

 

集中力を

保たせるための工夫を

心掛ける

 

この3点の意識だけでも

一日の使える時間は

大幅に引き延ばせるはずです。

 

そうして、

1日の時間で集中できる時間が増え

計画立ても徹底していく事で

自ずとも高まってきます。

 

まずは、

量を増やす為に

どうすべきか

集中できる時間を増やすには

どうすべきか

 

考え抜いてみてください。

 

大事な1日1日、

後悔しないように

過ごしていきましょうね。

 

闇雲に勉強するのでなく、

勉強方法について考え抜いたり

生活習慣をアップデートさせる事も

結果を出す為の受験勉強の一環です。

 

秋以降、安定した結果を

出すには今が

ラストチャンスです!

 

頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!