東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ

2015年 2月 16日 

こんにちは!

2年の井上です(^O^)

 

今日のテーマは【大学1年生での思い出】ということですが

ついに今度の春から3年生になってしまうことに驚きを隠せないです。。。

 

大学での一年って驚くほどあっという間なんですよほんと!

4年もあるじゃん!って思うじゃないですか??

でも実際大学って高校に比べてはるかに自由度が高い分

自分の興味があること・やりたいことに時間を使うため

毎日があっという間です。

 

高校でも苦手な授業を聞いている時間より

仲の良い友達と話をしている時間一生懸命部活をしている時間の方が

時間が経つのがものすごく早くないですか?

それと同じことなんですね~

 

 

私はそんな大学の最初の一年にある大きな経験をしました!

1ヶ月間の海外

私の通う大学の短期留学プログラムで夏休みにアメリカに行ってきたんです(^O^)

実際に現地の大学に毎日通って

英語でリーダーシップについての授業を受けていました。

いろいろな人の講義を聞いたり、インタビューをしたり

最終日には英語でプレゼンを行いました!

 

英語学んだ1ヶ月ではなく

英語学んだ1ヶ月でした

 

英語をコミュニケーションの道具として、新たな事を学ぶ

高校生までの間にはできなかった貴重な体験でした。

 

そしてその1ヶ月を通して

もっと英語のスキルアップをして、英語でもっと沢山のことを学びたいと感じました。

そのためにも大学在学中に

今度は長期の留学にいけるように絶賛勉強中です(--〆)

 

みなさんが今学校で学んでいる英語

それは定期テストの点数のためにただ丸暗記する文字列ではありません

それを使うことで今自分がいる世界の何百倍も広い世界と繋がることができる

とっっっても重要なコミュニケーションの道具なんです!!!

 

英語をただの勉強の教科の一つと考えていたのは間違いだった!

と気づかされた大学1年生でした。

 

せっかくやるならばみなさんも受験やテストのためだけのものにせず

自分のものにしていってください☆★