ブログ | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ 

2019年 4月 21日 今の学部を選んだ理由!

 

こんにちは!

 

皆さん新しいクラスにはもう慣れてきましたか?

 

今回は私が今通っている大学と学部を

 

選んだ理由をお話ししたいと思います。

 

私は今

日本大学文理学部心理学科

に通っています。

 

この日本大学の心理学科は

 

私立大学で初めてつくられた心理学科なので

 

とても歴史が長いんです!

 

さて、私がどのようにして学部学科を選んだかというと、

 

まず私は将来の夢がまだありません!

 

なのでなんとなく自分の興味があることと

 

それに関連する仕事を調べてみると、

 

専門的な勉強をする必要が無いことに気が付きました。

 

なので大学では自分が一番学びたいことを学ぼうと決めました。

 

私は昔からとても人見知りだったので、

 

初対面の人と楽しそうに話せる人を見て

 

いつもうらやましく思っていました。

 

そこでこういった性格の差はどこで生じるのか

 

ということにとても興味を持っていました。

 

そこでそういったことが心理学を学ぶことによって

 

わかるのではないかと思い、心理学科を志望しました。

 

また、心理学は将来どんな職業に就いても

 

活かすことができると思っています。

 

なので今大学に入学し、心理学の勉強を始めたばかりですが

 

学んでいてとても楽しいです!!

 

皆さんも自分の将来につながる勉強ができるように

 

しっかりと学部選びをしていきましょう!

 

 

 

2019年 4月 20日 部活と受験勉強の両立法!!

 

 

 

こんにちは!

担任助手2年の秋田です!

 

暖かくなってきましたね。

 

新年度になり、

3週間が経とうとしています。

 

新学年になり、

新たにやるべきことが

増えてきていると思います。

 

部活も勉強も

大変になってくると思いますが

心を改めて頑張っていきましょう!

 

ということで、今回は

部活と勉強の両立の話

自分の経験をもとに

話していきたいと思います。

 

 

自分は

県立希望ヶ丘高校出身で

硬式テニス部に所属しており、

部長を務めていました。

 

学校も遠く、

毎日部活があったので

勉強できる時間は

限られていました。

 

そんな中、自分は

主に2つのことを意識して

部活と勉強の両立を図りました。

 

何かというと

1つ目メリハリをつけること

2つ目使える時間を最大限に生み出すこと

自分はこの2つを意識していました。

 

部活をしている時は

部活のことだけを考えて

全力で取り組む。

 

勉強しているときは

勉強のこと以外は

考えない。

 

自分はそのように

メリハリをつけるようにしていました。

 

また、

ぼーっとしている時間

生み出さず、

自分の決めた娯楽の時間以外は

常に何かするようにし、

極限まで忙しくする

ということを意識し、

時間を無駄にしないようにしていました。

 

 

高校生は

時間に追われて、

出来ることが限られてしまいますが

 

 

だからこそ1分1秒を無駄にできないはずです。

 

皆さんも

自分の今やるべきことは何か

常に考え

10分でも多く

1時間でも多く

有意義な時間を増やせると

いいですね!!!

 

 

 

明日は、、

1年生担任助手の

進藤さんです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 4月 19日 今の大学、学部を選んだ理由!

こんにちは!

私は今、視能訓練士になるために

北里大学医療衛生学部で

視覚機能学を専攻し、

日々勉強しています。

今日は私が今の学部を選んだ理由

などを書きたいと思います!

私は幼い頃に何度か

入院したことがありました。

子供にとって病院は怖い場所だ

というイメージがありますが、

その時私は恐怖心を覚えることは

無かったと思います。

それは、医師や看護師、

その他医療従事者の方々が

言葉一つ一つを選び、考え、

不安を取り除いてくれていたから

だと思います。

だから私にとって病院は

知らないものがたくさんある

興味深い場所でした。

そのようなこともあり、

物心ついた時から

医療に携わる仕事がしたいと

考えていました。

医療系の仕事と言っても様々で、

漠然としか考えてこなかったのですが、

大学受験をきっかけに

将来の夢を考える機会を

得ることが出来ました。

まず自分が医療現場で

どんなことをしたいのか考えたときに

真っ先に思い付いたことは

医療機器を使ってみたい、

触ってみたいということでした。

医療機器を扱う仕事も

また多くあります。

そこで私は積極的に

オープンキャンパスに参加し、

初めて視能訓練士という仕事が

あることを知りました。

話を聞くうちに

自分のやりたいことに合っていると感じ、

視能訓練士になるために

専門的知識や技術を

身に付けたいと思い、

この学部を選びました。

そして、将来の夢を見つける

きっかけとなった

この大学に入りたいと

強く思うようになりました。

皆さんはたくさんある大学と

その学部の中で

本当に自分のやりたいこと

ができる大学

に出会えているでしょうか?

ぜひ、自分が

大学に行く目的

を持って受験に挑んでほしい

と思います。

志がモチベーションとなりますし、

大学に入ってからも

夢に向けて充実した

日々を過ごせまます!

がんばっていきましょう!

 

 

2019年 4月 18日 部活と勉強の両立!

こんにちは!

藤生です。

皆さん部活と勉強の両立できていますか?

部活で忙しくて、

勉強にあまり時間が取れない人も

いると思います。

そこで、

今回は

どうやったら部活と勉強の両立

出来るのかを話します。

どうしたら、両立が出来ると思いますか?

両立のコツは、

みんなも分かるように、

時間の使い方にあります。

最大限、時間を使うことはできていますか?

たぶん、

最大限、時間を使えている人は

あまりいないと思います。

部活で勉強時間が全然取れない

と思っている人はたくさんいると思います。

でも、

それは間違っています

時間を最大限使うことが出来れば、

必ず十分な勉強時間はとれます!

時間を最大限つかうとは?

どういうことか分かりますか?

無駄な時間をなくす

ということです。

今、皆さんはたくさんの無駄な時間を

過ごしていると思います。

例えば、

夜寝るまえの時間、歩いている時間、お風呂の時間などです

この他にも、

いろいろな無駄な時間があると思います。

だから、

その無駄な時間をなくして

最大限時間を使い

部活も勉強も本気で取り組んでいきましょう!

 

 

 

</

2019年 4月 17日 太田です!

 

こんにちは~!

新3年生になりました!

太田です☺

 

今日は

みなさんに私を

知ってもらうべく

色々お話ししたいと

思います!

 

 

基本データから、、、

太田茜(オオタ アカネ)

立教大学 文学部 英米文学専修

出身は県立多摩高校

女子サッカー部に所属

 

趣味は映画鑑賞(だいたい1人)

音楽を聴きながら街散策

好きなアーティストのライブに行く事!

 

実は去年1年

大学を休学して半年間

オーストラリアに留学していました!

 

そのおかげか

最近は映画も音楽も

海外志向になってます!

 

オーストラリア滞在中は

メルボルン、アデレード、

シドニー、ケアンズ、ゴールドコースト

アメリカ(西海岸)

を旅行しました。

 

元々インドア派な私ですが

さすがに旅行の魅力に

気付きまして

今後は国内、外

色々廻れると良いな~

と、思っています。

 

 

この留学の体験は

私の人生でスパイスとなりました。

 

異国の地に1人きりで行く

それだけで十分スパイシーな体験ですが

その中で英語という言語と

全く違うバックグラウンド・価値観

持った人達と出会って

その環境の中で生きていく

平凡な日々も

私にとっては

刺激の詰まった闘いでした。

 

楽しいことも悔しいことも

沢山あって

今までの自信を

打ちのめされたり

新しい発見があったり

ただ、

この半年間を生かすも殺すも

これからの私次第だな

意気込んでいるところです!

 

そもそも

この留学というのが私の

大学受験の際のでした。

 

日本語だけの世界より

英語を含めた世界の方が

何百倍も広くて深い

それを知りたい。

と思っていました。

 

高校生に抱いた

叶えることができたので

次の更なるを探します!

 

そんな私が今勉強している

文学部英米文学専修

そのまま、

英と米の文学を

学びます。

 

しかし、

この世界がとても深いんです!

 

文学というのは

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚

全てが閉ざされた

しかし

全てを感じることができる

文化です。

 

一つ一つの言葉・表現で

読者にその世界を創造させ

楽しませ、考えさせる。

 

そんな文学にも

それぞれのバックグラウンドがあり

それを読みとく側の私たちにも

それぞれのバックグラウンドがある。

 

また読む人間によって

感性が違うのも勿論

場所、時間、気分

によっても変わる。

 

つまりは

文学は無限の可能性

なんですね!

(笑)

 

話し出すときりがないので

何か質問があったら

私まで聞いて下さい!

 

 

 

では!