7月 | 2018 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ 2018年07月の記事一覧

2018年 7月 31日 夏期合宿参加生おつかれインタビュー!!

 

皆さんこんにちは!

サンダル焼けしてしまった丹羽です、、、☹

 

皆さん!

夏ならではのイベントと言ったら何でしょう!

バーベキューですか?

海ですか?

 

東進の夏のイベントと言えばズバリ…

 

夏期合宿です!

 

先日参加者が

全員無事に帰ってきました

みんな雰囲気がガラッと変わり

次の日から勉強に励んでいました

そこで

今日は夏期合宿参加生徒のインタビューを

掲載したいと思います!!

 

夏期合宿参加生徒Mさん(高3女)

なぜ参加を決めたのですか?
 受験勉強で大切と言われている15時間勉強を当たり前にすること、
そして計画的、効率的に、メリハリをつけて勉強出来るようになるため。

1番印象に残っていることは?
 2・3日目以降は結構集中出来たが、そうすると1日がとても短く感じた。
今までは校舎でだらだらと勉強していて勉強が嫌になってたが、
やるべきことをはっきりさせて一気にやれば集中できて時間が足りない!
と思うくらいだった…!!

合宿前後で変わったこと
 1日中勉強するのが全然苦じゃなくなった!
生活リズムが出来て、今までは朝がとても弱かったのに、
朝早く起きて7:00開館の校舎に登校して、
下校後も家で勉強出来るようになった。

これからの意気込みをどうぞ
 この勢いで、時間を区切って効率良く勉強していく!!

 

明日からいよいよ8月です!

勢いのある合宿参加者に負けないように皆さん頑張りましょう!

 

 


 

2018年 7月 30日 夏合宿!!

 

こんにちは!

今日は東進ハイスクールの

夏合宿について

書きたいと思います!

今日は夏合宿の

最終日ですね

合宿に行った生徒は

どんな合宿になりましたか?

 

東進の夏の合宿は

寝る間も惜しんで勉強するので

人生で一番勉強する日々だった

のではないでしょうか!

ですが、私が言いたいのは

夏合宿お疲れ様

言いたいわけではありません。

むしろここからが

勝負の夏なのです。

合宿の勉強量に満足して

ここからの残りの夏休みを

勉強しなかったら本末転倒です。

夏合宿を行なったのは

志望校に合格する

ためなのです!

今回の合宿では

色々な校舎の人と勉強し、

色々刺激を受けたと思います。

この経験をそれぞれの校舎へ、

自分自身の勉強の活力へ

生かしてください!

それでこそ夏合宿に行った

意味が出ます!

勝負はここからです!

頑張りましょう!

 

2018年 7月 29日 基礎を徹底させるのはこの夏!

さて、今回話したいのは「基礎」についてです。

運動部に入っている方なら

「基礎が大切だ!」などとよく聞くと思います。

実際、大学入試において「基礎」は大切です。

 

しかしそもそも「基礎」ってなんなんだろうと思ったことありませんか?

今回は

・基礎とは?

・基礎の大切さ

について書こうと思います

 

「基礎」を辞書で調べてみると

「それをより所として物事を成り立たせる、基となっているもの」

とあります。

逆に言えば、基礎が無いと

その先の物事がそもそも成り立たないということです

勉強の基礎についても同じことが言えます。

 

数学で言う基礎は、定義を覚えること計算力論理的思考力

(どうしてそれが成り立っているかがわかる力)などです。

英語なら、単語力、文法力読解力などですね。

 

そもそも基礎がないと、問題を解くことはおろか、

問題文の意味すら理解できないこともあります。

 

国立難関大学と呼ばれる大学では基礎力

(主に論理的思考力)がフルに使われます。

教科書に載ってないような専門的な

知識が問われることはまずないです。

数学で難しいと呼ばれる問題も、

うち大半は複数の分野が混じっているから難しく見えるだけであり、

分野単体で見れば難しくない問題も多いです。

 

大学での募集要項でも基礎が大事であることが記載されているものが多いです。

京都大学の募集要項にはこうかかれています。

「京都大学は、その高度で独創的な研究により世界によく知られています。

そうした研究は共通して、

多様な世界観・自然観・人間観に基づき、

自由な発想から生まれたものであると同時に、

学問の基礎を大切にする研究

ないし基礎そのものを極める研究であるります

優れた研究は必ず確固たる基礎的学識の上に成り立っています。」

 

京都大学といえばユニークな人が多いという評判もありますが、

それは「基礎」があること前提でその上で自由な発想で

研究をしているからユニークになるのです。

 

 

基礎力があった場合は、解答プロセスを見たときに

「こういう考えから○○が成り立つのか」

という理解につながります。

その結果、入学試験の問題の傾向が変わったときにも、

考え方がわかっている分、対応がしやすくなるのです。

 

問題が解けないなと思ったときは

基礎的な講座を受けるか、教科書を確認してみましょう。

教科書は文部科学省がしっかりとした検定をもとに発行しているので、

基礎が載っていないなんて事はありえません。

そして、何といっても高3基礎を徹底出来る

期間は今しかないです!!!!

なので、しっかり復習しましょう!(^O^)/

2018年 7月 28日 オススメ気分転換方法!

こんにちは!

 

 

夏休みに入りましたが

 

勉強ははかどっていますか?

 

結構勉強できていますか?

 

 

一日中勉強しているのも

 

結構辛くなってきますよね…

 

 

私も正直夏休みや受験期直前は

 

辛かったです。

 

 

そんな時何をしていたか

 

どうやって気分転換していたか

 

紹介したいと思います!

 

 

集中力が切れてきたな~…

 

と思ってまずやってみて

 

一番有効だったことは

 

 

何も考えずに5分間目を閉じる

 

 

ことです!!

 

何も考えないって

 

意外と難しいのですが

 

疲れたなーとか

 

まだ1日長いなーとか

 

あれもこれもやらなきゃとこ

 

そういうのを全部忘れて

 

頭を

無!

っていう状態にすると

 

終わったらすっきりしています

 

ただ、机に伏せてしまうと

 

5分以上寝てしますこともあるので

 

そこだけ注意です(>_<)

 

 

あとは、違う形態の勉強にする

 

のもおすすめです!

 

例えば過去問を解いていて

 

疲れたな…ってなってしまったら

 

音読をする、

 

めっちゃ書いて暗記をする、

 

などです

 

 

気分転換は

 

人それぞれにあると思いますが

 

よかったら試してみて下さい!☺

 

 

 


 

2018年 7月 27日 時間を有効に活用するために!

台風本当に来るんですかね…

 

勉強を頑張っている

高校生の皆さま!

夏休みいかがお過ごしですか?

 

約1ヶ月くらいある夏休みですが

長いようで意外と短いです!

 

限られた時間を上手く使えるかどうかで

この夏の勉強量に大きく差がつきます

 

今日はですね

私が高3の夏休みのときに行っていた、

勉強スケジュールの立て方など

時間を有効に使う為の

ポイントをお伝えします!

 

その前に

皆さんに聞きたいことが

あります!

1日の勉強スケジュールを

どこまで細かく立てていますか?

 

そもそもスケジュールを

立ててから勉強していますか?

 

私は1日の勉強スケジュールを

前日のうちに考えていました

 

ある日の勉強スケジュールを

例としてあげると

7:00 東進に登校

~7:15  高速基礎マスター(単語の勉強)

7:15~7:30 朝の音読会

7:30~7:45 過去問印刷タイム

(→東進の下にあるコンビニで

センター試験の過去問を

印刷してました!)

7:50~8:50 センター日本史(2014年度)

8:50~9:50 採点、復習

9:50~10:00 トイレ休憩、時間調整タイム

 

といった感じです!!

 

本当に分刻み

細かく予定を立てていました

 

こう書き出してみると

案外、1日に勉強出来る時間とか

勉強量とか

だいぶ限られてくるなーってことに

気づくんですよ

 

「今日は過去問と

英語の単語とか問題集とか

適当にやろうかな~」

と、その日にやることを

アバウトに決めたところで

それらを100%やり切れていますか?

 

結局、時間が足りなくて

「今日は出来なかったから

明日に回そう~」

なんて言っている人をよく見かけます

 

それを毎日続けていたら

結局最後までやるべきことが終わらず

気づいたら受験本番迎えていますよ?

 

その日にやろう!と決めたことを

しっかりやり切るためにも

時間を有効に使っていきましょう!

 

勉強に関して悩んでることがあれば

いつでも相談乗ります!

気軽に話しかけてください~!