4月 | 2019 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ 2019年04月の記事一覧

2019年 4月 30日 私からのメッセージ!!

こんにちは!田守です。

 

今日が

最後の勤務日

となりました。

 

この1年間は

私にとって

とても濃い時間でした。

 

 

様々なことがあったのですが、

生徒の皆が努力して

その結果が出て喜ぶ姿や

結果が出なくても

後悔なくやり切った

姿を見れて、

やっていて

良かったなと思いました。

 

 

きっと

この感情は

1年間が終わったからこそ

感じるものだったの

だと思います。

 

 

 

今、第一志望校を目指し

受験勉強を頑張っている

皆に伝えたいことは

1つです。

 

 

この受験が

自分にとって

良い経験になるのか

嫌な時間になるのかは

今の自分ではなく、

受験が終わった時の自分が

判断するということです。

 

 

今楽なことを選び、

楽しいことをしても

かまわないと思います。

しかし

将来の自分が

後悔しないのであれば。

 

 

このきつい受験というものを

素晴らしい経験に出来るかは

今の自分の

努力量

なのではないでしょうか。

 

 

どうせなら

未来の自分に恥じないような

努力をしていきましょう!!

 

最後まで応援しています!!

 

 

 

 

2019年 4月 29日 模試の復習で意識してほしいこと!

 

こんにちは!

 

まだまだ花粉に悩まされています

中禮亜美です!

 

昨日は

センター試験本番レベル模試

お疲れ様でした。

 

日頃の勉強の成果を

存分に発揮出来たでしょうか。

 

私も昨年、模試を受験しましたが

思うように結果が出せず

毎回落ち込んでいました…

 

ですが、模試で大切なのは

結果に一喜一憂することではなく、

 

復習することです!!!

 

今日は、模試を復習する上で

大切にしてほしいポイントを

3点紹介したいと思います!

 

 

①復習はその日のうちに!

 

復習を後に回してしまうと

解いた問題の内容も忘れ、

ゼロからのスタートに

なってしまいます。

 

記憶が鮮明なうちに復習することで

時間の短縮になるだけでなく、

間違えてしまった!という悔しさも

倍増する気がします!

 

そうすることで

次回同じ失敗を起こさずに

済むのではないでしょうか。

 

 

②なぜ間違えたのか分析!

 

私的にはこれが

一番重要だと思っています!

 

答えを見て、解説を読んで

なるほど~。

 

で終わりになっていませんか。

 

・知っていたはずなのに

思い出せなかった

 

・元々知らなかった

 

・勘違いして覚えていた

 

などなど

間違えた問題を分類していくことで

今後どんな勉強をしていくべきなのか

わかります。

 

なぜ間違えたのか、問題冊子の

余白にメモしておきましょう!

そして、自分の勉強法や計画を

見直せると良いです!

 

ここで注意してほしいのは

正解した問題も

解き方のプロセスが合っていたか

忘れずに確認して下さい!

 

何となく合っていた、では

不正解と同じです…

細かいところまで

しっかりこだわりましょう!

 

 

③忘れた頃にもう一度解く!

 

人間は残念ながら

時間が経つと忘れてしまう生き物です。

一回で全て完璧に覚えるのは

ほぼ不可能だと思います。

 

だからこそ、記憶が薄れた

1ヵ月後や3ヵ月後など、

タイミングは

人それぞれでいいと思います。

もう一度、全ての問題を

解き直してみて下さい!

 

 

今、このブログを読んでいる方は

復習ばっちりですか?

 

まだの人は今すぐ始めましょう!

 

 

2019年 4月 28日 今日はセンター試験本番レベル模試でした!

今日は

センター試験本番レベル模試でした!

新学年になって初めての模試です!

学年が変わり受験が近づいたことで

焦りを感じ始めている方も

いるのではないでしょうか?

私が去年受験生だったときには

もう受験生になってしまった…

どうしよう…!

と不安と焦りを感じ、

模試を受けることも

ビクビクしたのを覚えています汗

 

さて!

模試を受け終わった皆さん!

模試を受け終わったことで

満足していませんか?

模試は受けたあとが一番大事です!

受験生時代の私は

模試を解き終わった後に

復習を面倒くさくて

やっていませんでした。

そんな私に担任助手の方から

模試の復習をしたら伸びるよ

と言われ、

やってみると

驚いたことに

模試の得点が伸びていきました。

間違えたところだけでなく

全て復習し、

センターの傾向を自ら感じ直すことで

自分の強みと弱みを把握し、

集中してやるべき点に

効率よく力を注ぐことができました

東進の模試の問題は質も高いため

復習して完璧にすることが大事です。

 

ゴールデンウィークの良いスタートが切れたと思えるよう、

一緒に頑張って行きましょう!

 

 

 

2019年 4月 27日 明日はセンター試験本番レベル模試です!!頑張ろう!!

 

明日はセンター試験本番レベル模試です!

学年が変わってからの初めての模試です。

 

いままでの模試は

一つ上の受験学年がいたため、

リアルな親近感はなかった

と思います。

 

高3生の人は一番上の学年。

高2生の人は

とうとう1年後になります。

 

そのような心構えでやろうと

していますか。

 

ちょうど同じ時の自分は相当模試に

こだわっていました。

正直受けるのがいやくらい緊張

していたのを覚えています。

 

なぜかというと、高2の12月の

センター試験本番レベル模試の

時点で英語は160点、

数学は80点くらいは

取れていましたが、同日体験受験に

おいて、英語を失敗して

しまったので、

 

それをとりもどすためにも

相当焦って受けたのを覚えています。

 

なぜここまで焦ることが

出来たのかというと、皆さん先輩得点

というのはご存知でしょうか。

 

東進ハイスクールの模試の成績表には

必ず先輩得点というのが載っています。

 

先輩得点とは、第一志望としている

大学に合格した人が一年前に

とった得点です。

 

東進生の方は先輩得点に

こだわれていますか。

 

東進生ではない方は、

模試というものにこれくらい

こだわれていますか。

 

またこれから出る判定については

今まで以上にリアルな判定です。

今一度心構えを持ち取り組んで

みて下さい。

 

また皆さんは模試にたいして、

PDCA回せていますか。

 

目標得点を取るために、計画をし

実行をし、それを模試で

出来ているかチェックし、

それに対して再度行動をしていく

その動作皆さんできていますか。

 

出来ている人は毎回の模試で

点数が伸びていると思います。

 

いまま一度模試というものに

目を向けられるように

してみてはどうですか。 

 

 

 

 

 

 

2019年 4月 26日 学部を志望した理由・将来の夢

 

こんにちは!

担任助手1年の

寺口航平です!

現在早稲田大学の

文化構想学部に在学しています。

 

今日は、僕が今の大学、学部を

選んだ理由と、

僕の将来の夢について

お話ししたいと思います!

 

 僕は当初、大学受験をする理由が

はっきりしていませんでした。

第一志望の大学は

名が知れているから、

という理由で明治大学に、

学部は本が好きだから、

という理由でなんとなく

文学部に決めていました。

 

それでも勉強をしていましたが、

勉強に熱が入っていないと感じた

3の夏休み、気持ちを改めるために

大学のオープンキャンパスに

行きました。

 

行ったのはもちろん

第一志望であった明治大学でしたが、

そこでなんとなく

気になっていた早稲田大学にも

足を運んだのでした。

 

そこで僕の未来が大きく

わりました

 

紹介を受けたカリキュラム

は僕の想像していた

がんじがらめの退屈なもの

とは全く違う、

自由なものでした。

 

ここならなんでもできる、

やりたい勉強ができる、

そう確信し、

その日から僕の第一志望は

早稲田大学文化構想学部

となったのでした。

 

その日から、僕の勉強の質は

大きく高まりました。

合宿にも参加し、

夏休みが終わってからも、

本番まで走り続けることが

できました。

 

そんな本気の受験生活を通して、

不透明だった自分の将来も

見えてきました。

 

僕はもともと日本語に興味があり、

受験勉強がきっかけで英語も

好きになることができました。

 

それを踏まえて考えた

結果、英語を駆使して

外国人の日本語教育事業

に携わる、という夢が

できました。

 

このように、受験勉強は

大学受験だけのための

ものではありません。

 

将来につながる可能性を

秘めた、大きなチャンスだと思って、

勉強に取り組んでみてください。