10月 | 2019 | 東進ハイスクール向ヶ丘遊園校|神奈川県

ブログ 2019年10月の記事一覧

2019年 10月 21日 全国統一高校生テストまであと6日です!

こんにちは!

秦です!

 

 

最近急に気温が

下がってきましたね…

皆さんくれぐれも

体調不良には気をつけて下さい!

 

さて、今日は

昨日に引き続き

10月24日

に行われる

全国統一高校生テスト

について

お話したいと思います!

 

このテストの

最大のメリットは

東進生ではない方も

無料で受けることができる

というところだと思います!

 

東進生ではない全国の

高校生が受験をするので

 

普段の模試よりも

分母の大きい

より正確なデータによって

自分が今どの位の立ち位置にいるのか

全国の高校生と比べて

長けている部分や

劣っている部分は

どこなのか、

しっかりと把握することが

出来ると思います!

 

「まだ模試を受けたことがない」

という人は

これを良いきっかけに

 

受験生として

良いスタートを切りましょう!

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!

2019年 10月 20日 全国統一高校生テストまであと一週間!!!!

こんにちは!森島です!

最近、急に寒くなってきましたね、、、

みなさん、寒さに負けないように

今日も元気を出していきましょう!

 

 

さて今日は、タイトルにもありますが、

全国統一高校生テストについてです。

 

 

東進ハイスクールでは

10月27日(日)

全国統一高校生テスト

無料で実施します!

 

 

模試は今の自分の実力や

ライバルたちの中での立ち位置、

課題や弱点を

しることのできる機会です!!

 

 

大学受験に向けて

まだスタートが切れていない

という人は

ぜひこの模試を

スタートダッシュの

きっかけにしてください!

 

 

もうすでに

第一志望合格に向けた努力を

始めているという人は

この模試で実力試しを

してみてください!

自分のできるところと

できないところを

しっかりと把握できるはずです!

 

 

 

この模試の対象は

高3、高2、高1、高0生

(※高0生とは高校生レベルの学力を持つ中学生)

のみなさんです!!

 

 

少しでも興味があるという人は、

東進ハイスクール向ヶ丘遊園校まで

応募の程、宜しくお願い致します!

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!

2019年 10月 19日 学年の切り替えについて!

こんにちは!

担任助手の田中です。

 

最近急激に寒くなってきました。

季節の変化を感じますね。

さて、今日のテーマは

「学年の切り替えについて!」

です!(高2生は主に必見です!)

高2生は、進級してから

約半年がたち

高3になるまで

残り半分か、、

と思う人が多いと思いますが

実はあと2カ月弱で

学年が切り替わります!

なんで!?と思う人が

たくさんいるとおもいますが

実は、東進では

12月から

高3生として扱われます!

なぜかと言うと

皆さんご存知だと思いますが

センター試験は1月に行われます!

普通は3月が終わってから高3に

なりますが、

その1年後には入試も終わり

高校も卒業しているかと思います。

なので、

センター試験に標準を合わせ

その1年前から

学年が変わるようになっています!

あと2ヶ月ほどで

受験生になると言われると

高2生の皆さんは

とても危機感を感じると思います。

部活が忙しかったりと

人それぞれ状況は違うと思いますが

高校生活は

あっという間に過ぎていきます!

限られた時間を無駄にせず

この先の進路を考えた時に

何をしなければいけないのかを考えて

行動してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!

2019年 10月 18日 過去問の活用法

こんにちは!

担任助手1年の佐藤麻央です。

最近寒くなってきましたね。

体調には気を付けていきましょう!

さて、今回のテーマは

過去問の活用法

です。

高3生は過去問に取り掛かり、

その大学の問題傾向や解き方に

慣れつつある頃かと思います。

一方で、まだ志望校の過去問で

点数が取れるレベルに

達していないから

今解いても無駄だと思っている人も

いるのではないでしょうか。

しかし

過去問を早めに解くことで

問題傾向や自分の苦手が

浮き彫りになります。

皆さんは日本の全ての大学に

合格したいわけではない

と思います。

残り少ない時間で

自分の志望校の大学に

合格するためには

早くその大学独自の

問題傾向を見極め

出やすい問題や苦手な分野

を見つけた方がはるかに

効率が良いはずです。

実際私も模試の判定では

まだまだ志望校に届いていないとき

から過去問を解き始めました。

初めはもちろん点数が

取れませんでしたが、

特に数学は

満点が取れるようになるまで

何度も復習して

繰り返し解きました。

すると、第一志望校の大学の

過去問に関しては合格点が

取れるようになりました。

極端な話

自分が目指す大学の

スペシャリスト

にさえなれば良い

ということです。

入試までの時間は

限られているので

先手必勝

いち早く多くの過去問を

解いていきましょう!

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!

2019年 10月 17日 一日の使い方

こんにちは!

2年の秋田です。

 

10月も後半戦に差し替かり、

いよいよ高3生にとっては

緊張感の高まる時期に

なってきましたね。

 

改めて、

ゴールから逆算して

何を

どのくらい

いつまでに

学習を終えるのか

今一度見直し、

計画的に学習を進めましょう!

 

当たり前の事ですが、大事な事です。

 

 

さて、今回は

1日の使い方

についてのお話を

していきたいと思います。

 

皆さんは、

ルーティン

という言葉をご存知でしょうか。

 

毎日の決まり切った日課や作業

の事を言います。

 

自分の受験生時代は

特にこれを意識していました。

 

毎朝5時に起きる。

6時まで英語の長文1本を音読する。

朝ごはんを食べて支度をし、登校。

登校時間は暗記系を勉強する。

下校後、時までに東進に着く。

過去問を科目とく。

15分昼寝をする。

各科目のやるべき事を終わらせる。

10時までに家に帰り、

11時に寝る。

 

自分は、このように

毎日毎日欠かさず

この時間にこれをする

ということを決めて

同じリズムを

繰り返し実行していました。

 

何故ルーティンに

こだわっていたかというと

本番への意識

を大事にしていたからです。

 

たとえ明日が本番でも

最高のコンディションで

自分の実力を出し切れるような

下準備を毎日行っていました。

 

もちろん、

学力を伸ばして

合格率をupさせることも大事ですが

自分は

その学力を本番で発揮できること

に重きを置いていました。

 

生活リズムを整えることは、

簡単そうに見えて

実は中々難しいです。

 

自分も

ルーティンを確立させるのに

3.4ヶ月はかかりました。

 

皆さんも、

本番で後悔をしないこと

その為に大事なことは何か

考えてみて下さい。

 

実力を持っているだけでは

第一志望合格は難しいはずです。

 

実力を発揮する為の努力も

自分は必要だと考えます。

 

本番で後悔しない為に

何をすべきか

今一度

考えてみてはいかがでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

向ケ丘遊園校では体験授業や個別相談などを実施しています。

詳しくは下のバナーをクリック!